« 正社員のリストラがチャンスになる企業とは・・・ | トップページ | 今日の株式市場を振り返る 4月3日 »

2009年4月 3日 (金)

キッコーマンに注目しています

為替が一時1ドル100円を超えました。この円安傾向により、引き続きトヨタなどの輸出関連株が強いです。

ただ、これらの銘柄には短期的な過熱感が強く、ここからの投資はオススメできません。一時的な円安が材料視されただけであり、外需の回復の兆しがないなかでの投資は危険です。

個人的にはキッコーマンに注目しています。営業利益の半分を海外で稼ぐ同社は、円安メリットを大きくうけます。また、欧州では、日本食ブームが続いており、足元も二桁成長が続くなど販売面も好調です。

電話取材の感触では、米国での販売も、今後マイナス成長となる可能性は低いようです。食品業界のPERを下回る現在の株価水準は魅力的と言えるでしょう。

|

« 正社員のリストラがチャンスになる企業とは・・・ | トップページ | 今日の株式市場を振り返る 4月3日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

C 銘柄関連情報(ハード系)」カテゴリの記事

3 レンタルポジ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キッコーマンに注目しています:

« 正社員のリストラがチャンスになる企業とは・・・ | トップページ | 今日の株式市場を振り返る 4月3日 »