« 本日の運用結果(5/1) | トップページ | 米国株式市場を振り返る 5月1日 »

2009年5月 2日 (土)

ユニ・チャーム ペットケア(2059)

ペット関連銘柄の最大手、ユニ・チャーム ペットケアが面白そうです。

節約志向のなか、先月3月のペット関連への消費(ペットフード、トイレタリー商品)への支出は前年同月を上回っています(総務省統計局データ)。

特に同社では、「肥満犬」「高齢犬」などにターゲットを絞っている商品が売れています。また、これらの限界利益率(売上高-変動比率)は通常商品の2倍です(=要するに売値に占める材料費の割合が低い)。

先日発表された09年3月期決算を見ると10年3月期は10%以下の営業増益計画となっています。ですが、同社は控えめな業績予想を数度上方修正することが恒例です。株価は長期上昇波動の調整局面であり、チャンスかもしれません。

↓スケアクロウ投資経済研究所を応援いただける方は、クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 本日の運用結果(5/1) | トップページ | 米国株式市場を振り返る 5月1日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

C 銘柄関連情報(ハード系)」カテゴリの記事

3 レンタルポジ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユニ・チャーム ペットケア(2059):

« 本日の運用結果(5/1) | トップページ | 米国株式市場を振り返る 5月1日 »