« ユニ・チャーム ペットケア(2059) | トップページ | 「上がる株」が見つかる投資理論(その3) »

2009年5月 2日 (土)

米国株式市場を振り返る 5月1日

 5月1日のNYダウ平均株価は44.29ドル、0.54%上昇しました。ただし、上昇したとは言え、大引け1時間前には25ドル安でしたから、力強さは感じませんでした。200905010

 最終的にマーケットを引き上げたのはエネルギー株。原油の指標であるWTIが3.9%と大きく上昇したのが背景にあります。

 注目された経済指標の結果はまちまちでしたが、全体的には良好と言えます。3月の製造業受注は事前予想を下回りましたが、4月のミシガン大消費者信頼感指数の確報値は予想以上でした。さらに4月のISM製造業景況指数も予想値を上回るものでした。

 週末の手じまいの動きがあったとしても、原油価格の上昇の割にエネルギー株の上昇幅が限定的でしたし、金融株の動きも停滞気味であったのが気になります。マスターカードやメットライフの株価が下落したのが印象的でした。

スケアクロウ投資経済研究所への応援クリックをよろしくお願いいたします↓

人気ブログランキングへ

|

« ユニ・チャーム ペットケア(2059) | トップページ | 「上がる株」が見つかる投資理論(その3) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

E グローバル経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国株式市場を振り返る 5月1日:

« ユニ・チャーム ペットケア(2059) | トップページ | 「上がる株」が見つかる投資理論(その3) »