« 今日の株式市場を振り返る 6月19日 | トップページ | 年4回の「会社四季報」どれが一番? »

2009年6月20日 (土)

米国の株式市場を振り返る 6月19日

 アジア・欧州の堅調さもあって、前日の上昇基調の流れを引き継ぎ、ほぼ前日終値の水準で始った米国ダウ平均株価は午前11時頃には60ドル強まで上げ幅を拡大しました。ところが、その後は調整局面となり、午後2時半過ぎには60ドル程度の下落となりました。その後持ち直し、大引けは15.87ドル、0.19%の小幅安でした20090619

 特別に大きな出来事があったわけではないのですが、原油価格が2.55%とかなり大きく下落、国際商品指標であるCRBも連動して1.6%下げたことが調整局面の背景にあるようです。シェブロンの株価を見るとそれが鮮明に浮き出ています。Cvx20090619

 ただ、相場環境が弱かったという感じはありません。ハイテク指数であるフィラデルフィア半導体指数が1.2%上昇しました。ハイテク関連の基調の強さもあって、ナスダックは19.75ポイント、1.09%上げています。20090619_2

 ナスダックの強さを支えたハイテクセクターの強さは、マイクロソフトのザラバの動きに表れています。Msft20090619

 月曜日の日経平均株価はこのような米国の株式市場の影響を受けます。したがって、堅調な寄り付きを期待したいのですが、問題が生じてしまいました。対ドルで円安方向にあった為替が、再び円高に動いたのです。D20090619

 日本の株式市場は対ドル円高の動きに非常に敏感に反応するために、月曜日は予断を許さない展開になりそうです。

 皆様のスリックがスケアクロウ一同の何よりの励みになっています

人気ブログランキングへ

本文中に使用しているデータやグラフ類は主にここに掲げる各社の公表しているものに大変お世話になっております。

東京証券取引所、CME GROUPCNN MoneyMSN Money、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、外為どっとコム  

|

« 今日の株式市場を振り返る 6月19日 | トップページ | 年4回の「会社四季報」どれが一番? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

E グローバル経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国の株式市場を振り返る 6月19日:

« 今日の株式市場を振り返る 6月19日 | トップページ | 年4回の「会社四季報」どれが一番? »