« 今日の株式市場を振り返る 6月26日 | トップページ | 「会社四季報」が選び抜いた財務分析指標の意味 »

2009年6月27日 (土)

米国の株式市場を振り返る 6月26日

 6月26日のダウ平均株価は34.01ドル、0.4%下落しました。とはいえ、前日の大幅な上昇の後ですから、弱いという感じはありませんでした。B20090626

 5月の個人所得が、事前予想であった0.3%を大きく上回って1.4%増加したのは良かったのですが、個人支出がコンセンサス並みの0.3%増にとどまりました。増えた収入は消費でなく貯蓄にまわしたのです。その結果、個人の貯蓄率が6.9%と前月の5.6%から上昇しました。

 株式市場は、このような個人の経済行動を歓迎しませんでした。ウォールマートの株価の動きを見ると、ダウ平均株価全体の動きととても良く似ていますから、やはり消費関連銘柄の停滞が市場に影響したのだと考えています。Wmt20090626

 実は、これらの経済指標の動きは、米国の特徴であった消費主導型経済が大きく変わろうとしている重大なシグナルなのだと個人的には見ています。ですが、株式市場はあまり気にしているようには見えませんね。

 月曜日の日経平均株価に対するダウ平均株価の下落による影響は限定的なだろうと見ています。減少幅が僅かでしたし、ナスダックが0.47%上昇しているからです。

 ただし、ダウ平均株価が大引け後の時間外取引でさらに36ドルほど下落していることや、対ドル円レートが大きく円高方向に動いていることを考慮する必要があります。A20090627

 したがって、月曜日の日経平均株価はCMEの日経平均先物9955円をかなり下回って寄り付くことになりそうです。開け前に発表される5月の鉱工業生産動向がコンセンサスである季節調整値ベースの前月比7.3%増を大きく上回る可能性もあるので、悲観的になりすぎてもいけないのですが、ザラバで も軟調な展開を予想しています。

皆様のクリックがスケアクロウ一同にとって何よりの励みになっています

人気ブログランキングへ

本文中に使用しているデータやグラフ類は主にここに掲げる各社の公表しているものに大変お世話になっております。

東京証券取引所、CME GROUPCNN MoneyMSN Money、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、外為どっとコム  

|

« 今日の株式市場を振り返る 6月26日 | トップページ | 「会社四季報」が選び抜いた財務分析指標の意味 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

E グローバル経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国の株式市場を振り返る 6月26日:

» 先物取引情報商材−2009.6.27集計ランキング更新 [先物取引情報商材・評価ランキング10]
先物取引情報商材の2009.6.27集計ランキング [続きを読む]

受信: 2009年6月28日 (日) 00時48分

« 今日の株式市場を振り返る 6月26日 | トップページ | 「会社四季報」が選び抜いた財務分析指標の意味 »