« 今日の日経平均株価は? 6月26日 | トップページ | 今日の株式市場を振り返る 6月26日 »

2009年6月26日 (金)

食品価格の高騰について

最近、小麦などの食品原料価格が再び上昇してきました。

売上げのほとんどを国内で稼ぐ食品メーカーにとって、大幅な増収を見込める会社は多くありません。ですので、食品メーカーを見るときには費用に注目する必要があります。

ただ、注意を要するのは、販売促進費の削減である程度、売上原価(原材料費)を抑えることが可能である点です。小麦や大豆などの食品価格が上がれば、値上げを行います。値上げを行うと、特売を減らすため販売促進費が減少するのです。

食品メーカーは、よくディフェンシブセクターと呼ばれます。生活必需品であるということはもちろんですが、穀物価格が急上昇した09年3月期にわりと好業績であったように業績はぶれにくいです。

ただ、前回記事でも書きましたが、長期で見ると食品原料価格は上昇傾向にありますので、加工がメインである日本の食品セクターの大幅上昇は難しいと思っています。

いつも応援ありがとうございます。
↓1日1クリックいただけると幸いです。
人気ブログランキングへ

|

« 今日の日経平均株価は? 6月26日 | トップページ | 今日の株式市場を振り返る 6月26日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

B 銘柄関連情報(マテリアル系)」カテゴリの記事

3 レンタルポジ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食品価格の高騰について:

« 今日の日経平均株価は? 6月26日 | トップページ | 今日の株式市場を振り返る 6月26日 »