« 今日の日経平均株価は? 6月10日 | トップページ | 4月の機械受注統計をどう読む? »

2009年6月10日 (水)

倒産件数が示す「日本株」強気のサイン

前回「倒産件数から見て株価底打ち宣言は時期尚早!?」という記事を掲載しましたが、5月の倒産件数速報が発表されたのでフォローしたいと思います。

前回の記事の復習ですが、「倒産件数が対前年同月比で減少に転じれば、株価は底打ちと判断して良い」との結論を最終的に導きました。(なお、今回のサブプライム不況を除き、過去10年間で見ると、倒産件数の動向の方が株価に先行しています。)

帝国データバンクによると、5月の倒産件数は1057件(負債総額1000万円以上)と前月比9.6%減、前年同月比で6.3%増となりました。倒産件数は12ヶ月連続で前年同月比で増加したものの、昨年9月の42.9%増をピークに伸び率は鈍化。昨年8月の水準まで落ち着いてきました。

また倒産件数も1057件と2ヶ月連続で減少。昨年11月以来の水準です。

なお、東京商工リサーチによると、5月の倒産件数(負債総額1000万円以上)は1203件と前月比9.4%減、前年同月比6.7%減となりました。こちらは1年ぶりに対前年同月比で減少に転じています。(帝国データバンクとの違いは定義の違いにあると思われる・・・)

帝国データバンクは予断を許さない状況としながらも「倒産件数の増加基調に一定の歯止めがかかりつつあり、一時的に前年割れとなる可能性が出てきた」とコメント。第2次補正予算も成立したことから、当面、倒産件数は減少に転じると見られ、2009年3月大底説が有力(今さらですが笑)となってきました。

倒産件数が大幅に増えない限り、日本株には強気姿勢で臨んで良い局面と判断しています。

0610

↓皆様のご協力で本日は33位まで上昇!本日もクリックよろしくお願いします!

Banner_22_2

|

« 今日の日経平均株価は? 6月10日 | トップページ | 4月の機械受注統計をどう読む? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

H 投資を考える」カテゴリの記事

2 ぎん 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倒産件数が示す「日本株」強気のサイン:

« 今日の日経平均株価は? 6月10日 | トップページ | 4月の機械受注統計をどう読む? »