« VIX指数と日本株 | トップページ | 健美操さん登場 »

2009年9月20日 (日)

購買力平価

 今日(9月20日)の日経新聞に、「為替相場の先行きを読む」と題して、購買力平価の解説がかなり大きく取り上げられていました。

 記事の中で指摘されているのですが、この購買力平価は、長期的な視点からは、とても大切で有効な考え方なのですが、為替ディーラーやFX投資家など短期決選型の人たちには、人気のないものなのだそうです。

 そのあたりはどうでもよいことなのですが、私自身は株式アナリストとして、個別銘柄の適正株価考えるのが重要であるのと同様、為替も適正水準を把握するために、非常に有効だという感覚を持っています。

 今日の記事で最も興味深かったのは次の数字です。

  • 輸出物価ではかった購買力平価1ドル=77円
  • 企業物価ではかった購買力平価1ドル=111円
  • 消費者物価ではかった購買力平価=141円

 ポイントは、現在の円高の上昇余地はまだ残されていて、1ドル70円台も念頭に置く必要があるということです。

 9月13日に、「為替と米国株ーーーどちらに連動? 」というタイトルで、この問題について多少詳細に述べていますので、ご参照願えればありがたいと思います。

皆様のクリックがスケアクロウ投資経済研究所一同にとって何よりの励みになっています。「ブログランキング」のマークをクリックしていただけるとランキングのポイントになります。ご協力をよろしくお願いいたします。 

                     

 人気ブログランキングへ

本文中に使用しているデータやグラフ類は主にここに掲げる各社の公表しているものに大変お世話になっております:経済産業省、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCNN MoneyMSN Money、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、外為どっとコム  

|

« VIX指数と日本株 | トップページ | 健美操さん登場 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

K ちょっと一言」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 購買力平価:

« VIX指数と日本株 | トップページ | 健美操さん登場 »