« 今日の株式市場を振り返る 10月29日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 10月30日 »

2009年10月29日 (木)

9月の鉱工業生産動向---需給改善が進む

 今朝、経済産業省が発表した9月の鉱工業生産動向は、期待した以上に良い内容だったと思います。株式市場の反応はいま一つでしたが、この統計を用いて作成した在庫循環モメンタムの上昇が続く局面では、株式市場もまた上昇基調を維持する傾向があります。日経平均株価が3日続落で、市場センチメントも弱くなりがちですが、弱気は禁物であるように思われます。

 まず、原指数の前年同月比は次のようになっています。

 (前年同月比:%)  8月  9月  差(ポイント)      
 生産         -19.0  -18.9   +0.1
 出荷         -19.0  -17.3   +1.7
 在庫         -10.3  -12.2   -1.9

 出荷が1.7ポイントも改善したのに対して、生産は僅か0.1ポイント増えただけですから、需給バランスが相対的にタイトになり、在庫が1.9ポイントも圧縮されたという構図です。つまり、生産した以上に売れた(出荷)ため、在庫が減ったわけです。

 この需給バランスの変化は、在庫循環モメンタムという指標を作ると、一段と鮮明になります。出荷金額の増減率から在庫金額の増減率を差し引いたものが、在庫循環モメンタムです。

20091029_3

 細い実線が出荷金額の増減率の推移です。着実に増加傾向が続いていることがわかります。

 細い点線が在庫金額の増減率の動きです。在庫圧縮の努力と原材料価格低下の相乗効果で、大きく減少していることを示しています。

 太い赤線が鉱工業の在庫循環モメンタムです。上昇が続いています。出荷の基調の改善と、在庫の圧縮が要因です。

 この在庫循環モメンタムと株価(日経平均株価)の連動性は高く、両社の乖離が長期間続く可能性は限定的です。現在はその乖離が進んでいるように見えます。

20091029_4

 重要な点は、この乖離が長続きしないということ。そして、調整は在庫循環モメンタムの下落ではなく、日経平均株価の上昇によって実現される可能性が高いということです。

皆様のクリックがスケアクロウ投資経済研究所一同にとって何よりの励みになっています。「ブログランキング」のマークをクリックしていただけるとランキングのポイントになります。ご協力をよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

                     

本文中に使用しているデータやグラフ類は主にここに掲げる各社の公表しているものに大変お世話になっております:経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MoneyMSN Money、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、外為どっとコム  

|

« 今日の株式市場を振り返る 10月29日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 10月30日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月の鉱工業生産動向---需給改善が進む:

« 今日の株式市場を振り返る 10月29日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 10月30日 »