« 今日の株式市場を振り返る 9月30日 | トップページ | 今日の株式市場を振り返る 10月1日 »

2009年10月 1日 (木)

今日の日経平均株価は? 10月1日

 シカゴの日経平均先物価格(円ベース)が10,010円となっていることから、今日の日経平均株価は安く始まりそうです。

 ザラバの展開は、これから発表される9月の日銀短観、8月の商業販売統計の速報などに大きく影響されるため、予想は難しいところです。イトーヨーカ堂が一部の店舗の閉鎖を検討しているという報道もあり、小売関連の動は気になるところです。

 ただし、寄り付きがシカゴの日経平均先物価格を大きく下回るようであれば、むしろ積極的に超短期で買いのタイミングを見つけたいと個人的には考えています。

 ダウ平均株価は29.92ドル、0.31%安で終わっています。起伏の激しいマーケットでしたが、それほど弱かったという印象はありません。

20090930

 4-6月のGDP改定値は無難でしたが、9月のADP全国雇用者数の減少が事前予想よりも大きく、、金曜日の雇用統計に対する不安を掻き立てたようです。

 加えて、9月のシカゴ購買部協会景気指数が、52.0というコンセンサスに対して、46.1となったことが、マーケットにショックを与えました。

 このため、ほぼ前日終値近くで始まったダウ平均株価なのですが、10時ごろには133ドル強まで下げ幅を拡大しました。

 しかしながら、そこから切り返して、1時近くには35ドル弱の上げとなっています。原油をはじめとする商品価格の上昇から、資源エネルギー株が戻しました。シェブロンの株価がそれを示しています。

Cvx20090930

 加えて、フィラデルフィア半導体指数が0.85%上昇しており、ハイテク株もザラバで戻しています。TIの株価はこのようになっています。

Txn20090930

 このような展開ですから、引け前に多少値を崩したとはいえ、ダウ平均株価が弱かったという印象は強くありません。

 すでに指摘しましたが、今日の日経平均株価にとっては、海外要因より国内要因が重要という気がします。

 ドル円には大きな動きは見えません。今日の日経平均株価には依然として重石という感じなので注意しようと思っています。

60a20091001

皆様のクリックがスケアクロウ投資経済研究所一同にとって何よりの励みになっています。「ブログランキング」のマークをクリックしていただけるとランキングのポイントになります。ご協力をよろしくお願いいたします。

 人気ブログランキングへ

                     

本文中に使用しているデータやグラフ類は主にここに掲げる各社の公表しているものに大変お世話になっております:経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MoneyMSN Money、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、外為どっとコム  

 

|

« 今日の株式市場を振り返る 9月30日 | トップページ | 今日の株式市場を振り返る 10月1日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

E グローバル経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の日経平均株価は? 10月1日:

« 今日の株式市場を振り返る 9月30日 | トップページ | 今日の株式市場を振り返る 10月1日 »