« 今日の株式市場を振り返る 10月16日 | トップページ | 決算シーズン入りを前に »

2009年10月17日 (土)

米国株式市場を振り返る 10月16日

 10,000ドルの大台を達成したダウ平均株価が、その大台を維持できるかどうかに注目していたのですが、残念ながら維持できませんでした。67.03ドル、0.67%下げて、9995.91ドルで終了しました。

 この動きを映して、CMEの日経平均先物価格(円ベース)は10,205円となっています。どうやら、月曜日の日経平均株価は安く寄り付くことになりそうです。

 ほぼ前日終値で寄り付いたダウ平均株価は、すぐに下げ幅を拡大して、10時近くには123ドルまで下げ幅を拡大しました。その後は徐々に持ち直したのですが、停滞感が強いままの一日でした。

20091016_2

 GEやバンク・オフ・アメリカなどの注目決算にマーケットががっかりしたことが大きく影響しました。

Ge20091016_2 

 気になるのは、GEや前日に発表されているIBMなどが、予想を上回る利益を出しながら、売上高が期待を下回ったために、株価が大きく下げていることです。

 マーケットは、コスト削減により達成された利益よりも、業績回復の基盤となる売上の動向を気にしています。景気回復の証拠が欲しいということなのでしょう。

 決算に対する期待値が高くなっているわけですから、好決算で株価がどんどん上がるというような楽観的な期待は控えたほうが良いかもしれません。

 同時に、期待を上回る売上高を実現できる企業を選び出していくことは、効果的な投資戦略になりそうです。

 10月のミシガン大学消費者信頼感指数速報値が69.4と、コンセンサスの73.3%を大きく下回ったことが、マーケットのセンチメントを冷やす一因であったと思われます。

 米国市場の決算に対する反応の仕方は、これから本格的になる日本市場にも参考になると思います。

 対ドル円レートはドル91円手前で安定した動きを見せています。

A20091017

皆様のクリックがスケアクロウ投資経済研究所一同にとって何よりの励みになっています。「ブログランキング」のマークをクリックしていただけるとランキングのポイントになります。ご協力をよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

                     

本文中に使用しているデータやグラフ類は主にここに掲げる各社の公表しているものに大変お世話になっております:経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MoneyMSN Money、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、外為どっとコム  

 

 

|

« 今日の株式市場を振り返る 10月16日 | トップページ | 決算シーズン入りを前に »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

E グローバル経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国株式市場を振り返る 10月16日:

« 今日の株式市場を振り返る 10月16日 | トップページ | 決算シーズン入りを前に »