« 今日の日経平均株価は? 10月27日 | トップページ | 業績と株価を考える »

2009年10月27日 (火)

今日の株式市場を振り返る 10月27日

 米国株式市場の下落を受けて79円安で寄り付いた日経平均株価は、ザラバでは90円足らずの比較的に狭い範囲の中での値動きにとどまりました。後場は下値に張り付いたまま凍りついたような状態が続いたせいか、重苦しい停滞感が漂いました。

20091027

 東証33業種でみると、上昇したのは水産・農林セクターただ一つ。下落率のトップは、商社を中心とする卸売セクターでした。三菱商事の株価の動きが、そのまま今日のマーケットの動きと重なります。

20091027_2

 対ドル円レートが多少円高方向に振れたことがマーケットを冷やす一つの要因であったとは思うのですが、それにしては精密、電気機器、輸送用機器といった円安メリットセクターの下落率が限定的だったように見えます。

B20091027

 アジア市場全体もマレーシアを除いて下げています。上海、香港、インドネシア、インドが日本市場以上に大きく下落しています。

 ところが、GLOBEXではダウ(+26ドル)、ナスダック(+2.25)ともに僅かながら上げています。上げ幅が徐々に拡大しているように見えます。

 今日は8月のS&Pケース・シラー住宅価格指数の他、10月の消費者信頼感指数とリッチモンド連銀製造業指数の発表が予定されています。決算はUSスチールがあるのですが、あまり注目を集めてはいないようです。CNNでは、BPやホンダの決算のことを話題にしています。

  というわけで、前年比11.9%の下落を予想する住宅指数と、53.5がコンセンサスとなっている消費者信頼感指数が果たしてどうなるかがマーケットに大きく影響しそうです。

皆様のクリックがスケアクロウ投資経済研究所一同にとって何よりの励みになっています。「ブログランキング」のマークをクリックしていただけるとランキングのポイントになります。ご協力をよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

                     

本文中に使用しているデータやグラフ類は主にここに掲げる各社の公表しているものに大変お世話になっております:経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MoneyMSN Money、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、外為どっとコム  

 

 

|

« 今日の日経平均株価は? 10月27日 | トップページ | 業績と株価を考える »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の株式市場を振り返る 10月27日:

« 今日の日経平均株価は? 10月27日 | トップページ | 業績と株価を考える »