« 9月の鉱工業生産動向---需給改善が進む | トップページ | 今日の株式市場を振り返る 10月30日 »

2009年10月30日 (金)

今日の日経平均株価は? 10月30日

 今日の日経平均株価の寄り付きは高く、ザラバも堅調な推移を想定しています。強気で臨みたいと思います。

 米国株式市場の上昇を映したCMEの日経平均先物価格(円ベース)である10,080円が今日の寄り付きのメドとなりそうです。

 寄り付き価格がCMEの価格を大幅に上回らない限り、ザラバも堅調な推移が期待できそうです。米国でのハイテク指標の上昇と、対ドル円レートの円安方向への振れがマーケットの堅調な動きを支えると見ています。

 ダウ平均株価は、前日終値近くで始まった後、ザラバを通して上昇が続く力強い展開でした。199.89ドル、2.05%高で大引けを迎えています。

20091029

 上昇の牽引役は7-9月期のGDP。対前期比年率換算で3.5%と、コンセンサスであった3.2%を大きく上回りました。政府の支援策が底上げしたとはいうものの、前四半期は0.7%の下落でしたから、マーケットは予想以上のGDPに強く反応したようです。

 売上と利益が弱いながらも、コンセンサスを上回ったP&Gの株価が4.0%上昇し、引け後の時間外でもさらに0.2%弱上げています。

Pg20091029

 一方、大幅減益で、売上も予想を下回ったエクソン・モービルは0.2%弱の上げにとどまり、引け後には0.2%下落しています。

 このように、マーケットは決算の動向に対して冷静に反応していますから、決してGDPに浮かれているわけではなさそうです。

 注目はVIX指数。12.4%の大幅下落となり、これまでの上昇基調が一変しました。投資家のリスク許容度が高まったことを背景に、石油や金など国際商品価格が上昇に転じました。

Vix20091029

 これを受けてアルコアの株価が9%弱と急騰し、引け後の時間外取引でさらに0.7%上げています。

Aa20091029

 今日の日経平均株価はこのような状況を反映する可能性が高いのに加えて、米国のハイテク指標であるフィラデルフィア半導体指数の上昇と、対ドル円安方向への動きが加わるために、ザラバでも堅調な展開が期待できると考えています。

A20091030

 今日は、9月の全国消費者物価指数、失業率、家計調査など重要な経済指標の発表が予定されており、決算も目白押しです。ソニー、パナソニック、東芝などのエレクトロニクス、三菱商事、丸紅などの商社に特に注目しています。

皆様のクリックがスケアクロウ投資経済研究所一同にとって何よりの励みになっています。「ブログランキング」のマークをクリックしていただけるとランキングのポイントになります。ご協力をよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

                     

本文中に使用しているデータやグラフ類は主にここに掲げる各社の公表しているものに大変お世話になっております:経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MoneyMSN Money、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、外為どっとコム  

|

« 9月の鉱工業生産動向---需給改善が進む | トップページ | 今日の株式市場を振り返る 10月30日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の日経平均株価は? 10月30日:

« 9月の鉱工業生産動向---需給改善が進む | トップページ | 今日の株式市場を振り返る 10月30日 »