« 今日の株式市場を振り返る 10月6日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 10月7日 »

2009年10月 6日 (火)

エスフーズ(2282) : 春 研一

全体市場は調整局面ですが、内需型好業績企業の株価は全体に影響されず、順調な推移となっています。9月の月次が30%増となったファーストリテイリング(9983)は別格の強さですが、しまむら(8227)やニトリ(9843)なども順調です。食品関連では本欄で紹介した菱食7451)が強い動きをしていますし、先週お話したキユーピー(2809)も好決算を背景にこの1週間で8%の上昇となっています。

 キユーピーについて言えば、運良く決算数字がよかったこともありますが、大豆価格がさらに低下していますので、短期的な調整はあってもしばらく上昇基調が続くのではないでしょうか。

 

 今週はキユーピー同様、決算発表をきっかけに注目される可能性があるエスフーズについて再度お話しします。

 エスフーズの決算発表予定日は、13日(来週の火曜日)です。同社については、9月の半ばにこのブログで取り上げていますが、改めて簡単に背景を述べさせていただきます。

去年までの数年間、世界的な景気拡大や円安で、国内の食肉価格が全般に上昇したため、相対的に価格が低い鶏肉の需要が増えました。ところがこの1年間はその逆で、全体的に価格が低下し、牛肉にお値打ち感が出てきたため、全体の食肉需要は停滞していますが、牛肉は堅調です。

  

ただし、不況感もあって、牛肉の中では低い価格帯に需要がシフトしています。その結果、低価格の内臓肉に強い同社の業績が好調です。

 

加えて、ここ数年静かなブームとなっていたもつなべが、不況下で注目される可能性が出てきました。

 さて、来週発表される業績ですが、上期(20098月期)の会社予想は5%営業増益となっていますが、第1四半期が33%増益でしたので、普通に考えれば第2四半期に急に悪くならないとすれば、総額修正の可能性が高いといえるでしょう。

   

 もちろん、ふたを開けてみなければわかりませんが、PBR0.91倍ですので、株価が大きく売られるリスクは限定的と考えていいのではないでしょうか。713日に第1四半期決算が発表されたときには、時間がかかっているのですが、その後10%程度の上昇となっています。

 このところの株価はあまり動いていませんので、その面からもリスクは小さいと言えるのではないでしょうか。

皆様のクリックがスケアクロウ投資経済研究所一同にとって何よりの励みになっています。「ブログランキング」のマークをクリックしていただけるとランキングのポイントになります。ご協力をよろしくお願いいたします。

 人気ブログランキングへ 

|

« 今日の株式市場を振り返る 10月6日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 10月7日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

B 銘柄関連情報(マテリアル系)」カテゴリの記事

5. 春 研一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エスフーズ(2282) : 春 研一:

« 今日の株式市場を振り返る 10月6日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 10月7日 »