« 10月の米雇用統計 コンセンサスを下回る | トップページ | トリドール(3397) : 春 研一 »

2009年11月 7日 (土)

米国株式市場を振り返る 11月6日

 10月の雇用統計がコンセンサスを下回ったことから、スタート直後は動揺したダウ平均株価ですが、すぐに落ち着きを取り戻して17.46ドル、0.17%の僅かな上昇で引けました。

20091106

 冷静に見れば、事前予想に届かなかったとはいえ、決して極端な乖離があったわけではなく、低金利の継続や、他通貨に対するドル高の抑制はマーケットにとって悪い話ではなかったように見えます。

 そして注目はVIX指数。4.8%弱と大きく低下しています。ザラバの展開を見ると、雇用統計発表と同時に、投資家の不安が急速に減退したことが窺われます。

Vix20091106

 このVIX指数の低下と、低金利の継続はドル・キャリー・トレードを促す背景になります。どうもそれが金に向かったようです。金価格は0.6%上昇し、代表的な金鉱山会社ニューモント・マイニングの株価が3.8%の急騰を見せました。

Nem20091106

 また、予想を上回る決算と、強気の見通しを発表したスターバックスが7.2%上昇し、引け後の時間外取引でさらに0.5%上げています。市場センチメントが悪化していないことを示唆しています。

Sbux20091106

 一方で、決算はコンセンサスより良かったものの、主力事業の低迷が鮮明であったAIGの株価は9.7%の急落となりました。今後の回復が描けない銘柄に対してマーケットは厳しい評価を下しています。

 というわけで、全体としては無難に推移した米国市場なのですが、問題は日本です。

 おそらく、米雇用統計の反応を見て、月曜日の日経平均株価も無難なスタートとなりそうな気がしていますが、対ドル円レートの動きが気になります。

A20091107

 雇用統計発表直後から大きく円高方向に振れています。低いドル金利が継続することが背景にあると推測しています。となると、金曜日に代表的なハイテク指標であるフィラデルフィア半導体指数が0.4%下落していることもあって、円安メリットセクターの代表格であるハイテクには重石となりそうです。

 したがって、下値は限定的ながら、頭の重い展開でのスタートとなりそうです。

皆様のクリックがスケアクロウ投資経済研究所一同にとって何よりの励みになっています。「ブログランキング」のマークをクリックしていただけるとランキングのポイントになります。ご協力をよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

                     

本文中に使用しているデータやグラフ類は主にここに掲げる各社の公表しているものに大変お世話になっております:経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MoneyMSN Money、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、外為どっとコム  

 

 

|

« 10月の米雇用統計 コンセンサスを下回る | トップページ | トリドール(3397) : 春 研一 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

E グローバル経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国株式市場を振り返る 11月6日:

« 10月の米雇用統計 コンセンサスを下回る | トップページ | トリドール(3397) : 春 研一 »