« 三菱鉛筆(7976) : 健美操 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 11月11日 »

2009年11月10日 (火)

今日の株式市場を振り返る 11月10日

 今日は堅調な展開を期待していたのですが、マーケットのセンチメントの悪さが目立つ一日になってしまいました。

 米国株式市場の急騰を映して95円高で始まった日経平均株価は、10時半過ぎには170円まで上げ幅を拡大しました。しかしながら、後場に入ると一転して調整局面となり、ピークから100円以上下落して、61.74円、0.63%高で終えています。

20091110

 前場を押し上げた重要な背景は、米国株式市場の上昇です。その米国株式市場の上昇の要因はG20の展開でした。よく考えてみれば、週末のG20に対して、月曜日の日本市場はさしたる反応を見せませんでした。そして、米国市場につられるように、今日になって上げたということは、日本市場が独自にG20を消化することができなかったとを意味するように思います。それだけマーケットのセンチメントが悪いように感じられました。

 後場の調整は為替の影響が大きかったようです。特に2時を回ってからの急速な対ドル円高方向への振れは、ただでさえ悪い市場センチメントを凍りつかせてしまいました。

B20091110

 トヨタのザラバの動きが、為替の影響の大きさを示唆しているようです。

20091110_2

 ただし、冷静に見れば、このマーケットセンチメントの悪さは、現在がテクニカル的に見て底の近辺にあるという見かたと矛盾しないと考えます。ピークに近い時は、強気が充満して、円高などの悪材料をものともせずに上昇する傾向が見られるのですが、現在はそれを裏返しにした状況であると、個人的には見ています。

 2時に発表された10月の景気ウォッチャー調査の数字が弱かったことが、多少影響した可能性がありますが、株式市場には既にかなり織り込まれていたようです。

1020091110

 アジア市場はインドネシアとインドを除いて上げてはいるのですが、上げ幅はザラバで急速に縮小しています。GLOBEXでのダウやナスダックが下落基調で推移していたことが大きく影響したようです。

 そのGLOBEXですが、現在ダウ(-41ドル)、ナスダック(-2.5ポイント)とも下落しています。ただし、ナスダックが下げ幅を急速に縮小させています。ダウも緩やかながらマイナス幅が縮まっているようです。

 今日は、全米不動産協会による中古住宅平均価格の発表の他に経済指標の発表は予定されていません。注目を浴びる決算もない模様ですから、前日の急騰の反動もなく、無難な推移が予想されます。

皆様のクリックがスケアクロウ投資経済研究所一同にとって何よりの励みになっています。「ブログランキング」のマークをクリックしていただけるとランキングのポイントになります。ご協力をよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

                     

本文中に使用しているデータやグラフ類は主にここに掲げる各社の公表しているものに大変お世話になっております:経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MoneyMSN Money、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、外為どっとコム  

 

|

« 三菱鉛筆(7976) : 健美操 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 11月11日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の株式市場を振り返る 11月10日:

« 三菱鉛筆(7976) : 健美操 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 11月11日 »