« 7-9月期GDPはコンセンサスを上回る | トップページ | 米国経済指標は多少の失望感 »

2009年11月16日 (月)

今日の株式市場を振り返る 11月16日

 膠着状態にあるマーケットを「上値が重い」と見るか、それとも「底堅い」と見るのか---判断の分かれるところですが、私は意外に下がらないことに注目しています。

 13円高で寄り付いた日経平均株価は、20.87円、0.21%高で大引けとなりました。その差は僅か8円弱。前場は上下がありましたが、後場は動きが止まってしまったように見えました。

20091116

 先週金曜日の米国株式市場が上昇したことに加えて、7-9月期GDPがコンセンサスを上回る伸びを見せたことから、寄り付き後しばらくは堅調な動きを見せたのですが、9時半ごろからは下落基調となり10時近くには44円安となりました。対ドル円レートが急速に円高方向へ振れたことが大きく影響したようです。

C20091116

 その後、為替が円安方向に戻るとともに、徐々にマーケットも回復に転じました。後場は40円程度の狭い範囲ので値動きにとどまり、そのまま終了しました。対ドル円レートも目立った動きを見せていません。

 企業の大型増資が相次いでいることで、マーケットの需給悪化が懸念されていることに加えて、GDPデフレーターが大きく下落したことからデフレ懸念が拡がったようです。

 しかし、このような悪いニュースが多い割には、マーケットが意外に下げなかったという印象を持っています。もっとも、ファーストリテイリング1社でマーケットを35円近く押し上げていますから、それがなければ下落したはずですが、それでも健闘しているという感じが残ります。

20091116_2

 アジア市場は好調に上げています。上海(+2.7%)、シンガポール(+2.1%)の大幅な上昇が目立ちます。

 GLOBEXでは、ダウ(+67ドル)、ナスダック(+11.75ポイント)とも好調に推移しています。今日は、10月の小売売上高、11月のニューヨーク連銀製造業景気指数、そして9月の企業在庫と続きます。小売統計に注目が集まっています。

 

皆様のクリックがスケアクロウ投資経済研究所一同にとって何よりの励みになっています。「ブログランキング」のマークをクリックしていただけるとランキングのポイントになります。ご協力をよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

                     

本文中に使用しているデータやグラフ類は主にここに掲げる各社の公表しているものに大変お世話になっております:経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MoneyMSN Money、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、外為どっとコム  

 

|

« 7-9月期GDPはコンセンサスを上回る | トップページ | 米国経済指標は多少の失望感 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の株式市場を振り返る 11月16日:

« 7-9月期GDPはコンセンサスを上回る | トップページ | 米国経済指標は多少の失望感 »