« 米国株式市場を振り返る 11月6日 | トップページ | 月曜日は対ドル円高が重荷に? »

2009年11月 8日 (日)

トリドール(3397) : 春 研一

1995年に設立された若い会社です。社名からもイメージされるように、当初は鶏料理をメインとするレストランや居酒屋主体でした。その後2000年にセルフうどんの丸亀製麺という業態を出店しています
   

セルフうどんとは、立ち食いうどん、そば店の様に自分でトレーを持って、うどんを注文し、かき揚げなどの具材を自分で選び、列の最後でお勘定をするものです。一般的には、狭いお店で駅のそばなどで見かけますが、同社の出店はロードサイドやショッピングセンターが中心です。
    

同社の特徴は店舗に麺打ち機を持ち込んで、出来立てを供給することです。しかも、価格は立ち食いうどん店とほとんど変わらないゾーンです。そのため、家族連れで賑わい、現在は出店2ヵ月目で黒字になる状況にあります。
    

現在、約300店舗ですが、不況を背景に退店する企業が多いことから、出店候補地が目白押しのようです。20093月末の店舗数は202店舗に過ぎませんでしたが、すでに300店になっており、今期末には320店を優に上回りそうです。今後も年間120店の出店を予定しており、早期に1,000店舗を出店する計画です。
    

20099月上期の業績は売上高183億円、66%増、営業利益24.6億円、86%増、経常利益24.1億円、85%増、純利益11.8億円、94%増と大幅な増収増益を達成しています。第1四半期、第2四半期終了時点でそれぞれ通期見通しを増額修正しており、現時点の通期見通しは57%増収、60%営業増益という見通しになっています。

 しかし、不況を追い風に、低価格うどん店のニーズは多そうですし、出店余地も多そうですので、今期も依然増額修正余地が残り、来期以降の成長率も高水準なものが予想されます。会社予想を基準にした
PER20倍弱と割安感があるわけではありませんが、増額修正含みであることや来期以降の成長率を加味すれば、投資魅力は大きいのではないでしょうか。
   

これまで、本欄の私の方針は1-3ヵ月でリターンを狙うという感覚でしたが、この銘柄は1-3ヵ月でもリターンを狙えますが、何年か持って3倍、4倍というリターンを狙ってもいいのではないかと思います。ここ4-5ヵ月で見ると株価は下値ゾーンにあり、ダウンサイドリスクは限定的ではないかと考えられます。安いところをじっくり仕込んでみてはどうでしょうか。
    

リスクとしては、今の不況が追い風になっている部分もありますので、景気が良くなって、皆が少し贅沢をするようになり、出店候補地が取り合いになるようになると、やや業績的には苦しくなることは考えられます。しかし、この景気はそう簡単に良くならないという前提に立てば、かなり魅力的ではないでしょうか。

20091106

すでにかかしさんにご紹介いただいたように、私、春 研一が「株式投資をファンダメンタルから極めるhttp://ameblo.jp/halariga/」というブログを立ち上げました。
   
 私はこの「スケアクロウ投資経済研究所」のブログで
1週間に1銘柄ほど、銘柄を紹介させていただいています。銘柄紹介に当っては、長い年月のアナリストとしての蓄積をベースに、投資タイミングもはかりながら銘柄を紹介しています。しかし、それらの背景のすべてを紹介記事に書きますと、とんでもなく長いものになってしまいます。そこで、ファンダメンタル分析を通じてどのような思考過程を経て、ここで紹介するような銘柄をえらんでいるかという、そのノウハウをじっくり解説するブログを立ち上げました。興味のある方はぜひとも一度お立ち寄りください。

       

皆様のクリックがスケアクロウ投資経済研究所一同にとって何よりの励みになっています。「ブログランキング」のマークをクリックしていただけるとランキングのポイントになります。ご協力をよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

|

« 米国株式市場を振り返る 11月6日 | トップページ | 月曜日は対ドル円高が重荷に? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

D 銘柄関連情報(ソフト系)」カテゴリの記事

5. 春 研一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トリドール(3397) : 春 研一:

« 米国株式市場を振り返る 11月6日 | トップページ | 月曜日は対ドル円高が重荷に? »