« VIX指数の下落に注目! | トップページ | 今日の株式市場を振り返る 11月10日 »

2009年11月10日 (火)

三菱鉛筆(7976) : 健美操

品質にこだわる製造業の銘柄をご紹介します。

三菱鉛筆は三菱を冠していますが、あの三菱グループの一員ではなく独立系です。また、鉛筆ではなくボールペンが主力製品で売上の約半分を占め、米国をはじめ「Uni」ブランドで広く親しまれています。

ボールペン市場では、書き味やインクの品質にまでこだわる日本製品が世界を席捲していますが、中でも三菱鉛筆とパイロットが高いシェアを持ちます。

ボールペンは基幹部品(ペン先の金属部分)が消耗品となっていることが特徴で、安定した売上とマージンが期待できるビジネスモデルです。ペン先の細かい部分はバネやボールが複雑に組み込まれた精密品で、同社は高品質の製品を量産する技術を兼ね備えています。

ところで、ボールペン事業の収益向上には量産できるブランド商品を持つことが重要です。三菱鉛筆は、ユニボールとシグノという米国での2つの人気商品に加えて、2年前に発売したジェットストリームが定番商品としての地位を築き3本目の柱に育っています。確かに「クセになる、なめらかな書き味」です。

さて、安定したビジネスモデルを有するボールペンですが、景気後退局面では短期的に需要が急減することがあります。それは企業や流通の在庫調整の対象になり易く、ノベルティ(売上の5-10%を占める粗品・記念品需要)も減退するからです。米国の景気減速と為替の影響も重なり、三菱鉛筆もこの一年間は売上が減少し、収益面でも苦戦しました。

一方で、在庫調整もそろそろ一段落の感があります。加えて、ボールペンという必需品の性格から、今後需要は緩やかな回復局面を迎えると期待しています。

なお、三菱鉛筆にはボールペン以外の事業にも小規模ですが面白いものが見られます。鉛筆は少子化の影響を受けながらも残存者メリットを享受した高収益事業で、また鉛筆の技術は化粧品事業やカーボン製造などに幅広く応用されています。240色もある色鉛筆は凝りすぎの感もありますがこれも品質へのこだわりです。

株式市場ではあまり目立たない銘柄ではありますが、再評価されることを期待しています。

     

皆様のクリックがスケアクロウ投資経済研究所一同にとって何よりの励みになっています。「ブログランキング」のマークをクリックしていただけるとランキングのポイントになります。ご協力をよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

|

« VIX指数の下落に注目! | トップページ | 今日の株式市場を振り返る 11月10日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

C 銘柄関連情報(ハード系)」カテゴリの記事

6 健美操」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三菱鉛筆(7976) : 健美操:

« VIX指数の下落に注目! | トップページ | 今日の株式市場を振り返る 11月10日 »