« いつも気になる為替の動き | トップページ | 夕場の基調が堅調に 11月24日 »

2009年11月24日 (火)

今日の株式市場を振り返る 11月24日

 米国株式市場の上昇で高く寄り付いた日経平均株価ですが、その後は軟調になり、回復の兆しも見せないまま、96.10円、1.01%安で大引けとなりました。後場に下げ幅が拡大しています。

20091124_2

 弱いマーケットでしたが、新しく下げの牽引役が出現したということではないようです。

 大手銀行の貸出債権の質の問題や、増資への懸念が話題になったようですが、耳に新しいニュースというわけではありません。ただ、株価の動きは確かにマーケットに影響したと思われます。

Ufj20091124

 上海市場の反落のインパクトがあったもようです。しかし、そもそも上海はこの反落の前に大きく上昇を続けてきています。香港も同様です。

 やはり、いつものことですが、為替の影響が大きかったと見ています。

C20091124

 特に、マーケットの開始直前を見計らったのような対ドル円高が投資家のセンチメントを冷却してしまったようです。そして、午後になると、さらに円高が進んだため、日経平均株価が回復のきっかけをつかめないまま終了したと考えています。

 加えて、マーケットへの寄与度が大きいファーストリテイリングが40円、0.25%の上昇で引けてはいるのですが、ザラバでは一時、340円、2.15%高となっていますから、約300円の落差があります。これがマーケットの下げを加速させたように思われます。ただ、引けにかけての反発は心強い動きではありました。

20091124_3

 と言うわけで、やはり為替の動向が重要なのですが、ドルのキャリー・トレードが続く間は、どうしても対ドル円高が重荷になることは念頭に置かなければならないようです。日本の政策担当者がこの問題にたいしで、全く無策であることが最大の問題であるかもしれません。

 ただし、ドル・キャリーの巻き戻し局面では一転した円安局面も想定されますので、VIX指数や金利動向には引き続き注目する必要があります。

 アジア市場は総じて軟調です。上げているのは韓国(+0.36%)とマレーシア(+0.1%)。その他は下げています。上海(-3.45%)、香港(-1.53%)の下げが目立ちます。ただし、この他には、日経平均株価の下落率を上回っているところはありません。

 GLOBEXではダウ(-27ドル)、ナスダック(-6.75ポイント)ともに下げています。ただし、下げ幅は双方ともに僅かながら縮小方向です。前日の大幅上昇の反動は限定的と見られます。

 今日は7-9月期GDPの改定値、9月のS&Pケース・シラー住宅価格指数とFHFAによる住宅価格指数、11月の消費者信頼感指数とリッチモンド連銀による製造業指数、さらに11月3日と4日に行われたFOMCの議事録の公開など重要な発表が相次ぎます。

 したがって、米国市場の動向は予断を許しませんが、CMEの日経平均先物価格(円ベース)は9,335円。ちょっと低目という印象です。

皆様のクリックがスケアクロウ投資経済研究所一同にとって何よりの励みになっています。「ブログランキング」のマークをクリックしていただけるとランキングのポイントになります。ご協力をよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

                     

本文中に使用しているデータやグラフ類は主にここに掲げる各社の公表しているものに大変お世話になっております:経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MoneyMSN Money、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、外為どっとコム  

|

« いつも気になる為替の動き | トップページ | 夕場の基調が堅調に 11月24日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の株式市場を振り返る 11月24日:

« いつも気になる為替の動き | トップページ | 夕場の基調が堅調に 11月24日 »