« トリドール(3397) : 春 研一 | トップページ | 鳩山民主党政権とノ・ムヒョン韓国前政権 »

2009年11月 8日 (日)

月曜日は対ドル円高が重荷に?

 米国の雇用統計発表と同時に急速に進行した対ドル円高が、月曜日の日経平均株価の頭を抑えそうです。

A20091108

 弱い雇用統計が、投資家を不安に陥れ、リスクを取りにくくしているのが、円高の背景であるという見かたが一般的なようです。

 しかし、腑に落ちない点があります。「恐怖指数」とも呼ばれるVIX指数が急速に下落しているのです。雇用統計が発表された金曜日でさえ5%近い大幅な下落です。

Vixr20091106

 10月30日に24%近く急騰した反動という面もあり、軽率な判断は控える必要がありますが、投資家は不安に陥るどころか、むしろリスク許容度を引き上げていることをVIX指数は示しているわけです。

 金利がしばらく低水準のままで推移しそうだということが、安心感の一つかもしれません。ロンドン・インターバンク・レート(LIBOR)3カ月物でみると、円金利をも下回るドル金利ですが、その格差は維持されたままです。

Libor20091031

 VIX指数の低下と低金利の組み合わせはドル・キャリー・トレードを促します。ドルを売って商品や他通貨などにお金が向かうわけですから、対ドル円高が進むのは不思議ではありません。そして、金価格が一段と上昇したのも違和感はありません。

 とするならば、雇用統計をきっかけに新たなドル安円高のステージに入ったというのは考えすぎであるように思います。これまで続いてきたドル・キャリー・トレードの流れに多少戻ったことによる対ドル円高と考えて冷静に対応したいと考えています。

皆様のクリックがスケアクロウ投資経済研究所一同にとって何よりの励みになっています。「ブログランキング」のマークをクリックしていただけるとランキングのポイントになります。ご協力をよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

                     

本文中に使用しているデータやグラフ類は主にここに掲げる各社の公表しているものに大変お世話になっております:経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MoneyMSN Money、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、外為どっとコム  

 

|

« トリドール(3397) : 春 研一 | トップページ | 鳩山民主党政権とノ・ムヒョン韓国前政権 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

J 為替」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月曜日は対ドル円高が重荷に?:

« トリドール(3397) : 春 研一 | トップページ | 鳩山民主党政権とノ・ムヒョン韓国前政権 »