« 米国雇用統計の為替へのインパクト | トップページ | 米国株式市場を振り返る 12月4日 »

2009年12月 4日 (金)

11月の米国雇用統計の日経平均株価への示唆

 11月の米国雇用統計が良い数字であったことを受けて、現在GLOBEXのダウは113ドル高、ナスダックも21ポイント高と跳ね上がっています。

 円安と米国株式市場の高騰から、月曜日の寄り付きは高く始まりそうです。

 ただし、気になるのは、寄り付きが大幅に高い場合の、その後の展開です。可能性として、1週間に10%上昇した分の利益確定の動きから、意外にザラバでの下落もあることを頭に入れておきたいと考えています。

 ただし、これはタダのカンに過ぎませんので、週末に良く考えて、あらためてご報告いたします。

|

« 米国雇用統計の為替へのインパクト | トップページ | 米国株式市場を振り返る 12月4日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

E グローバル経済と市場」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

A 注目ニュース」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月の米国雇用統計の日経平均株価への示唆:

« 米国雇用統計の為替へのインパクト | トップページ | 米国株式市場を振り返る 12月4日 »