« 「今日の株式市場を振り返る 12月4日」への補足 | トップページ | 米国雇用統計の為替へのインパクト »

2009年12月 4日 (金)

11月の米国雇用統計はコンセンサスを上回って改善

 先ほど発表された11月の米国雇用統計は以下のようになっています。予想をはるかに上回る良い数字でした。

 非農業部門雇用者数:11万人の減少(コンセンサスは12万5千人の減少)

 失業率:10.0%(事前予想は10.2%)

 GLOBEXへの影響は、現時点では確認できないのですが、かなり大きなプラスのインパクトになりそうです。

|

« 「今日の株式市場を振り返る 12月4日」への補足 | トップページ | 米国雇用統計の為替へのインパクト »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

E グローバル経済と市場」カテゴリの記事

A 注目ニュース」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月の米国雇用統計はコンセンサスを上回って改善:

« 「今日の株式市場を振り返る 12月4日」への補足 | トップページ | 米国雇用統計の為替へのインパクト »