« 五洋建設(1893) : 健美操 | トップページ | ドル円の動き »

2009年12月24日 (木)

今日の株式市場を振り返る 12月24日

 今日は、ザラバでの調整の可能性を念頭に置いて臨んだのですが、マーケットは順調に上昇を続けました。特に、後場の一段高は想定以上の強さだったという印象です。

 35円高で寄り付いた日経平均株価は、すぐに100円を上回る上げ幅となりました。その後、僅かな反落もすぐに埋めて堅調な動きが続きました。後場に入ると、一段高となり、1時半前には180円まで上げ幅を拡大しています。引けにかけて多少の手じまいらしい動きもあったのですが、158.89円、1.53%の大幅高で大引けとなりました。

20091224 

 前々日と前日の米国株式市場の上昇流れが、堅調な相場展開の背景にあると思われます。特に、ハイテク指標の上昇に支えられたナスダックの好調な動きが大きく影響していると見ています。

  アドバンテスト、キャノン、東京エレクトロンといった日経平均株価への寄与度の大きい銘柄群が、マーケットを牽引しました。

 後場の一段高は、上海市場の大幅上昇のインパクトが大きかったようです。

20091224_2

 今日のマーケットで上昇率のトップは鉄鋼セクターでしたが、新日本製鐵の株価のザラバの動きを見ると、上海市場に押し上げられたような感じがします。

20091224_3

 アジア市場は、上海(+2.6%)の他、韓国(+1.3%)など全般的に堅調でした。ただし、シンガポールとインドが下げています。

 欧州は、すでに始まっているところは上昇でスタートしています。アジア同様に堅調な様子です。

 GLOBEXでは、ダウ(+16ドル)、ナスダック(+3.25ポイント)ともに上げています。ただ、上げ幅は縮小気味です。

 今日は、週間の新規失業保険申請件数、11月の耐久財受注の発表が予定されています。クリスマス前の楽観ムードが続いているようですので、仮に弱い数字が出ても、おそらく無視されるような雰囲気です。

 というわけで、クリスマス前の楽観ムードに満たされた相場展開も、いよいよ最終日ということになります。正直なところ、この楽観ムードの強さは、想定を大きく上回ってきました。果たして、クリスマス休暇明けも、同じような展開が続くかどうか、注目したいと思っています。私は懐疑的なのですが・・・

皆様のクリックがスケアクロウ投資経済研究所一同にとって何よりの励みになっています。「ブログランキング」のマークをクリックしていただけるとランキングのポイントになります。ご協力をよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

                     

本文中に使用しているデータやグラフ類は主にここに掲げる各社の公表しているものに大変お世話になっております:経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MoneyMSN Money、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、外為どっとコム  

|

« 五洋建設(1893) : 健美操 | トップページ | ドル円の動き »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の株式市場を振り返る 12月24日:

« 五洋建設(1893) : 健美操 | トップページ | ドル円の動き »