« トリドール(3397) : 春 研一 | トップページ | 先週の株式市場を振り返る »

2009年12月26日 (土)

テクニカル面でみた頭打ち感に警戒を

 11月22日に「テクニカル面で見た底打ち感に注目」という記事で、日経平均株価の反騰の可能性を指摘しました。マーケットは悲観に満ちていて、年足が陰線で終わるのではという意見が出ていました。

 それから約1カ月。今回は「テクニカル面で見た頭打ち感に警戒を」と題して、全く逆のことを指摘しておく必要性を感じています。

 10,500円を越えて、強気に満ちたマーケットの雰囲気です。どうも年末・年始のラリーに対する期待感が大きいようです。「サンタ・ラリー」に追随していなければ、その可能性もあったとは思うのですが・・・・・

20091225

 日足をもう少し詳細に見ると、株価はすでにボリンジャーバンドの+2σに接近しています。バンドの上昇に沿って、株価の上げも続くという「バンド・ウォーク」の可能性もあるのですが、楽観は禁物と考えています。ちなみに11月の下旬には株価が-2σに接近して、株価が下落の「バンド・ウォーク」となる可能性が見えました。現実は急反騰でした。

220091225

 ストキャスティックスとRSIが、ともに頭打ちを示唆していることにも注目しています。11月の下旬とちょうど逆の状況です。

Stkrsi20091225_2

皆様のクリックがスケアクロウ投資経済研究所一同にとって何よりの励みになっています。「ブログランキング」のマークをクリックしていただけるとランキングのポイントになります。ご協力をよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

                     

本文中に使用しているデータやグラフ類は主にここに掲げる各社の公表しているものに大変お世話になっております:経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MoneyMSN Money、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、外為どっとコム  

|

« トリドール(3397) : 春 研一 | トップページ | 先週の株式市場を振り返る »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

G ストラテジー」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクニカル面でみた頭打ち感に警戒を:

« トリドール(3397) : 春 研一 | トップページ | 先週の株式市場を振り返る »