« 今日の株式市場を振り返る 12月11日 | トップページ | 在庫循環概念図 »

2009年12月12日 (土)

米国株式市場を振り返る

 11日のダウ平均株価は65.67ドル、0.63%高で終了しました。市場が開ける前の時間外取引での上昇や、発表された経済指標の強さを考えると、必ずしも好調な動きとは言い難い感じです。ナスダックがわずかながら下落したことも気になります。

20091211

 注目された11月の小売売上高や12月のミシガン大学消費者信頼感指数の速報値が、ともにコンセンサスを大幅に上回りました。これを受けて、消費関連セクターの株価が堅調に推移してマーケットを支えました。コカコーラの値動きがそれを物語っています。

Ko20091211

 ところが一方で、ドルがユーロや円に対して上昇したことが、国際商品市況の下落を誘いました。そのため、資源株の低迷がマーケットの重石となったようです。産金株であるニューモント・マイニングの軟調さが目を引きます。

Nem20091211

 加えて、代表的なハイテク指標であるフィラデルフィア半導体指数が1%ほど下落したことを反映して、ナスダックが0.03%と僅かですが下落したのが気になりました。

 というわけで、ダウ平均株価は上昇したのですが、米国株式市場が強かったというイメージはありません。

 したがって、金曜日には大きく反発した日経平均株価なのですが、月曜日にそのままスムースに上昇基調が維持されると見るのは楽観的すぎるような気配です。CMEの日経平均先物価格(円ベース)は9,930円。どうも安い寄り付きとなりそうです。

皆様のクリックがスケアクロウ投資経済研究所一同にとって何よりの励みになっています。「ブログランキング」のマークをクリックしていただけるとランキングのポイントになります。ご協力をよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

                     

本文中に使用しているデータやグラフ類は主にここに掲げる各社の公表しているものに大変お世話になっております:経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MoneyMSN Money、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、外為どっとコム 

|

« 今日の株式市場を振り返る 12月11日 | トップページ | 在庫循環概念図 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

E グローバル経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

ご指摘大変にありがとうございました。早速CMEで確認をしてみましたら、おっしゃるとおり、2010年3月期日のものは10,090円となっていました。ただ、それ以外の期日のものが9,930円となっています。考えてみると、3月期日以外のものが。すべて9,930円になってしまっているのは不自然ですよね。原因の確認はできませんが、株価ボードの故障は十分あり得そうです。

投稿: かかし | 2009年12月12日 (土) 20時21分

CME先物の値ですがたぶん間違いです。
10090円です
12月10日の価格では、リアルタイム株価ボードの故障が原因では

投稿: 田舎の投資家 | 2009年12月12日 (土) 16時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国株式市場を振り返る:

« 今日の株式市場を振り返る 12月11日 | トップページ | 在庫循環概念図 »