« 新光商事(8141) : ポアロ | トップページ | 注目株式市場の動向 1月12日 »

2010年1月12日 (火)

今日の株式市場を振り返る 1月12日

 軟調な局面もあると警戒していたこともあって、後場に入ってからの強さが非常に印象的でした。ただし、どうも強すぎるのではという感覚が消えません。重視している「鉱工業在庫循環モメンタム」の方向性から見て、マーケットの上昇に対して違和感はないのですが、調整なしの一直線の上昇を期待するのはリスクが大きいと考えます。

 27円安で寄り付いた日経平均株価は、前場はそのまま停滞ムードで推移しました。ところが、後場に入ると急速に上げ足を速め、80.82円、0.75%の上昇で大引けとなっています。

20100112

 前場の停滞は対ドル円高方向への振れがかなり影響したようですが、後場に入ると多少円安方向に揺れ戻したこともあって、グローバル経済の回復シナリオがマーケットを牽引したと見られます。

B20100112

 ファナックが3.8%上昇して、日経平均株価を14円弱押し上げました。

20100112_2

 上海市場の上昇と、海外での高炉建設の話題が評価されて鉄鋼株が好調で、新日本製鐵が5.1%上昇しています。

20100112_3

 その他、英国へのスマート・グリッドの基幹技術供与が伝えられる日本風力開発が7.0%と大きく上げました。

20100112_4

 アジア市場はマチマチですが、上海が1.9%と大幅高になったのが目を引きます。

 ただし、欧州は全面安となっています。英国では鉱業株などが下落しているようなので、アルコアのダメージが大きい米国株の軟調な動きが背景の一つになっているようです。

 その米国株ですが、GLOBEXではダウ(-65ドル)、ナスダック(-11.75ポイント)とかなり大きく下落しています。今朝お伝えしたとおり、前日引け後に発表されたアルコアの決算が予想を下回ったことから、引け後の時間外で急落した影響が大きいと見られます。

 今日は11月の貿易収支の発表の他、KBホーム、スーパーバリューなどの決算発表が予定されています。

 対ドル円レートが円高方向に振れていることもあり、明日の日経平均株価への影響が気になるところです。

 

皆様のクリックがスケアクロウ投資経済研究所一同にとって何よりの励みになっています。「ブログランキング」のマークをクリックしていただけるとランキングのポイントになります。ご協力をよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

                     

本文中に使用しているデータやグラフ類は主にここに掲げる各社の公表しているものに大変お世話になっております:経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MoneyMSN Money、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、外為どっとコム  

|

« 新光商事(8141) : ポアロ | トップページ | 注目株式市場の動向 1月12日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の株式市場を振り返る 1月12日:

« 新光商事(8141) : ポアロ | トップページ | 注目株式市場の動向 1月12日 »