« 今日の日経平均株価は? 1月19日 | トップページ | 米国市場が上昇で始まる »

2010年1月19日 (火)

今日の株式市場を振り返る 1月19日

 今日は外出のためご報告が遅れました。

 弱いマーケットでした。5日移動平均線を明確に下回ったのが気になります。

 11円高で寄り付いた日経平均株価は、前場は一進一退の展開でしたが、後場になると下げ基調に転じ、90.18円安、0.83%安で終えました。

20100119_2

 後場の下げは、対ドル円レートが円高方向に振れたことが大きかったようです。ホンダの株価の動きがその状況を物語っています。

20100119_3

 一方、円高の恩恵を受ける紙パルプ株が堅調でした。

20100119_4

 気になるのは、日経平均株価が明確に5日移動平均線を下回ったこと。短期的には、高値警戒感から株価が調整局面に入る兆候です。

20100119_5

 基調としての上昇トレンドは維持されているにしても、株価が5日移動平均線を再び上回ることが確認できるまでは、要注意で臨むつもりです。

 アジア市場はマチマチですが、欧州市場は全面的に下げています。GLOBEXでの米国市場が軟調に推移していることが大きく影響していると見られます。

 米国では注目されたシティーの10-12月決算が、一株当たり33セントの当期損失と事前予想通りでした。前年同期の一株当たり2.44ドルの損失からみれば大幅な改善です。

 この数字がマーケットに安心感を与えたためか、ダウは8.3ドル高、ナスダックも8.3ポイント高となっています。上げ幅は拡大する様子です。

 今日は、11月の対米証券投資と1月のNAHB住宅指数の発表が予定されています。引け後にはIBMの決算発表が控えています。

 米国の株式市場が堅調であれば、対ドル円安に振れていることもあって、明日の日経平均株価にはプラス要因になりそうです。果たして、すぐに5日移動平均線を上回る水準に復帰できるか注目したいと考えます。

皆様のクリックがスケアクロウ投資経済研究所一同にとって何よりの励みになっています。「ブログランキング」のマークをクリックしていただけるとランキングのポイントになります。ご協力をよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

                     

本文中に使用しているデータやグラフ類は主にここに掲げる各社の公表しているものに大変お世話になっております:経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MoneyMSN Money、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、外為どっとコム  

|

« 今日の日経平均株価は? 1月19日 | トップページ | 米国市場が上昇で始まる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の株式市場を振り返る 1月19日:

« 今日の日経平均株価は? 1月19日 | トップページ | 米国市場が上昇で始まる »