« 米国の新規失業保険申請件数は減少したが・・・ | トップページ | 円は強いのか、弱いのか? »

2010年1月 1日 (金)

米国の株式市場を振り返る 12月31日

 あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

 12月31日の米国株式市場は手仕舞いの売りに押されたようです。クリスマスが終わり、平常モードに復帰してからの動きとしては、正直なところ、多少の意外感がありました。

 週間の新規失業申請件数が予想以上に改善したことで、ドル高が進んだことが、手仕舞いを促したように思います。

 前日終値付近で寄り付いたダウ平均株価は、すぐに下落をはじめ、11時過ぎには50ドル安程度まで下げ幅を拡げました。3時半ごろまでは、その水準で推移していたのですが、その後大引けにかけてさらに下げ120.46ドル、1.14%安で終了しました。

20091231

 対ドル円レートの動きが示すように、ドル高の進行がマーケットの重石となったようです。

A20100101_2 

 シカゴオプション取引所のVIX指数が8.6%と大きく上昇したことが目を引きました。米国の景気回復→米金利上昇→ドルキャリーの終息→国際商品市況の下落という流れを連想させる動きです。

Vix20091231

 原油価格の上昇にも関わらず、石油株が軟調に推移したことが、このような展開を示唆しているようです。

Xom20091231

 そこで、日経平均株価に対する影響です。米国株式市場の下落はマイナス要因、対ドル円安はプラス要因となりそうです。昨日は、プラス要因の方が大きそうだと指摘しましたが、CMEの日経平均先物価格(円ベース)は10,615円と、前日に比べて僅かですが下げています。たぶん、VIX指数の上昇が、マイナス要因として加わった結果だろうと、自分なりに理解しています。

皆様のクリックがスケアクロウ投資経済研究所一同にとって何よりの励みになっています。「ブログランキング」のマークをクリックしていただけるとランキングのポイントになります。ご協力をよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

                     

本文中に使用しているデータやグラフ類は主にここに掲げる各社の公表しているものに大変お世話になっております:経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MoneyMSN Money、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、外為どっとコム  

|

« 米国の新規失業保険申請件数は減少したが・・・ | トップページ | 円は強いのか、弱いのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国の株式市場を振り返る 12月31日:

« 米国の新規失業保険申請件数は減少したが・・・ | トップページ | 円は強いのか、弱いのか? »