« 今日の日経平均株価は? 1月6日 | トップページ | 予想を上回る12月の雇用削減数 ADP統計 »

2010年1月 6日 (水)

今日の株式市場を振り返る 1月6日

 大発会から3連騰となりました。想定したよりザラバの基調は堅調でしたが、そうかといって力強さが感じられたわけではありませんでした。

 27円高で寄り付いた日経平均株価は、スタート直後にモタつきはありましたが、すぐに上昇幅を拡げ、10時半頃には86円高となりました。後場に入ると徐々に頭が重くなり、49.62円、0.48%まで上げ幅を縮めて大引けとなりました。

20100106

 想定よりも堅調なザラバの背景には対ドル円レートが円安に振れたことがあったと見ています。

B20100106

 トヨタが2.5%上昇するなど、グローバル企業の株価が堅調に推移したのが目を引きました。

20100106_2

 金融セクターも好調でした。特に、増資で株価の低迷が目立っていた大手銀行株が大きく反騰しています。三井住友フィナンシャルグループの株価は5.4%高となりました。

Fg20100106

 一方で、気になる動きもありました。対ドル円安にもかかわらず、これまでマーケットの牽引役であったハイテク銘柄の一部の動きが軟調でした。アドバンテストが1.5%下げています。特に後場に入ってからの停滞が目立ちます。

20100106_3

 この動きが、後場のマーケットの減速要因の一つであったと見ています、そして、GLOBEXでのダウやナスダックが下落基調で推移していることが明らかになった時期とほぼ一致しているように見えました。

 アジア市場はインドネシアを除いて上昇しています。

 対照的に欧州市場は、スイスとオーストリアを除いて下げ基調です。ギリシアの問題が影を落としていると推測されるのですが、GLOBEXでの米国市場の軟調な推移も重石になっているようです。

 そのGLOBEXでは、ダウ(-28ドル)、ナスダック(-5.75ポイント)ともに下げています。下げ幅は拡大しつつあるようです。

 今日は、マーケット開始前に、チャレンジャー・グレイ・クリスマス社による12月の雇用削減数、ADP社による12月の全国雇用数という2つの雇用関連の統計が発表される予定です。そして、マーケット開始後に、12月のISM非製造業景況指数が続きます。午後には、12月15-16日のFOMC議事録が公開されます。

 日経平均株価は為替に大きく影響されるため、今日の米国統計の発表と、それに対する為替の反応に注目しようと思っています。

皆様のクリックがスケアクロウ投資経済研究所一同にとって何よりの励みになっています。「ブログランキング」のマークをクリックしていただけるとランキングのポイントになります。ご協力をよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

                     

本文中に使用しているデータやグラフ類は主にここに掲げる各社の公表しているものに大変お世話になっております:経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MoneyMSN Money、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、外為どっとコム

|

« 今日の日経平均株価は? 1月6日 | トップページ | 予想を上回る12月の雇用削減数 ADP統計 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の株式市場を振り返る 1月6日:

« 今日の日経平均株価は? 1月6日 | トップページ | 予想を上回る12月の雇用削減数 ADP統計 »