« 米国株式市場を振り返る 1月15日 | トップページ | ご連絡 »

2010年1月16日 (土)

日本ハム(2282) : 春 研一

 どこまで続くのかはわかりませんが、外人買いが出遅れ感の強い、日本株に回ってきており、ちょっと予想以上に株価が上昇しています。

 その中で、1118日に取り上げた日本ハム(2282)を再び取り上げます。

参照URLhttp://kakashi490123.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/2282-a3dd.html

 そのときは、株価が歴史的安値にありながら、一方で輸入食肉需給の好転から業績急回復の可能性が高まっていたことがポイントでした。そこで、第2四半期決算後の安いところでの購入をお奨めしました。その後、若干上昇したのですが、引き続き外需株が物色されたことから、軟調なまま推移していました。

 しかし、ここに来て外人買いに加え、出遅れ株の物色の一環として、食品株の中では主要企業の一社である同社も、この一週間で明らかな上昇トレンドに転換しています。私はどちらかというと、いつ上がるかはわからないが、確実に取れそうな前回推奨時点のほうがタイミングとしては好きです。しかし、多少リスクは出始めていますが、今回のような局面も嫌いではないです。

 このまま、簡単に上昇すれば何も問題はありませんが、仮に短期的に塩漬けになったとしても、そんなに遠くない将来には、利食いのチャンスが訪れる可能性が高い株価水準、業績タイミングだからです。

20100116_2

 ここから株価が上値を追う可能性が高い要因は、前回にもお話ししたように、輸入鶏肉、輸入牛肉の需給が改善する局面に入ってきたことです。2月初旬には、第3四半期決算が公表されますが、今回はそこら辺りまでが、最も妙味がある時期だと思われます。

 なお、日本ハムの株価と業績、輸入肉指数の関係は私のブログ「春研一の株式投資をファンダメンタルから極める」の業績表の活用(5)から、詳細に取り上げていますので、ご覧になってください。

参照URLhttp://ameblo.jp/halariga/entry-10391836286.html

 また、私は最近、無料メルマガを始めました。これは、そのときどきの注目銘柄を掲載しています。また、アフィリエイトの入門的な解説も行っています。興味のある方は、お訪ねください。

参照URLhttp://ameblo.jp/halariga/entry-10435263562.html

       

皆様のクリックがスケアクロウ投資経済研究所一同にとって何よりの励みになっています。「ブログランキング」のマークをクリックしていただけるとランキングのポイントになります。ご協力をよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

|

« 米国株式市場を振り返る 1月15日 | トップページ | ご連絡 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

B 銘柄関連情報(マテリアル系)」カテゴリの記事

5. 春 研一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本ハム(2282) : 春 研一:

« 米国株式市場を振り返る 1月15日 | トップページ | ご連絡 »