« 米国株式市場を振り返る 12月30日 | トップページ | 米国の株式市場を振り返る 12月31日 »

2010年1月 1日 (金)

米国の新規失業保険申請件数は減少したが・・・

 週間ベースの米国新規失業保険申請件数は43万2千件と、事前予想の46万件を大きく下回りました。雇用環境の改善を示唆する良い数字だと思われます。

 ところが、数字の発表と同時に、為替がかなり強くドル高円安方向に振れました。対ユーロでもドル高に振れています。

B20091231

 急速なドル高のためか、それまでプラスで推移していたGLOBEXのダウやナスダックが弱含みました。すでにマーケットは始まっていますが、ダウ(-6ドル)、ナスダック(-0.3ポイント)ともに軟調な推移です。

 日本株に対する影響が気懸りですが、米国市場の軟調な展開が頭を抑える要因となる一方で、対ドル円安の動きがマーケットを押し上げることが期待されます。

 全体としてみれば、為替によるプラス効果の方が大きいと思われます。

皆様のクリックがスケアクロウ投資経済研究所一同にとって何よりの励みになっています。「ブログランキング」のマークをクリックしていただけるとランキングのポイントになります。ご協力をよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

                     

本文中に使用しているデータやグラフ類は主にここに掲げる各社の公表しているものに大変お世話になっております:経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MoneyMSN Money、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、外為どっとコム  

|

« 米国株式市場を振り返る 12月30日 | トップページ | 米国の株式市場を振り返る 12月31日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

E グローバル経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国の新規失業保険申請件数は減少したが・・・:

« 米国株式市場を振り返る 12月30日 | トップページ | 米国の株式市場を振り返る 12月31日 »