« 日経平均株価が10時過ぎから急落 | トップページ | 米国株式市場を振り返る 2月19日 »

2010年2月19日 (金)

今日の株式市場を振り返る 2月19日

 今日は判断を間違えました。米国公定歩合引き上げの影響を過小評価したことが理由です。しかし、マーケットの反応は過剰ではなかったかと思っています。上昇基調は崩れていないと考えます。

 ほぼ前日終値で寄り付いた日経平均株価は、10時半ごろまでは小動きに推移していました。ところが、その後突然急落をはじめ、反発の兆しも見せないまま大引けまで下落基調が続きました、212.11円、2.05%の大幅安で終えています。

20100219_3

 下げのきっかけは米国の公定歩合引き上げにあるようです。GLOBEXでダウが下落幅を急速に拡げたことが、投資家を不安に陥れたと見ています。週末の手仕舞いが下げを加速した可能性もあります。

 ただし、FRBが指摘するように、今回の引き上げは、加熱した景気を冷やす目的のものではなく、実体経済への影響を極力抑えた、金融機関の資金繰りに関連する措置であるわけですから、どうもマーケットは過剰反応した可能性が強いようです。FF金利を動かす政策とは切り離してみる必要性があります。

 実際、NYダウ先物価格の推移をみると、一度は大きく下げたのですが、その後急回復に転じています。

Ny520100219

 日経平均先物価格の夕場の動きも同様に大きく回復しています。

20100219_4

 予断は許さないにせよ、過度の悲観は避ける必要がありそうです。

 アジア市場は下げていますが、香港が2.59%と大きく下げたほかは、小幅にとどまっています。日本と香港が突出して下げたという感じです。

 欧州市場も下げているのですが、下落幅は僅かです。フランスとスイスは上昇しています。

 GLOBEXでは、ダウ(-53ドル)、ナスダック(-10.25ポイント)ともにマイナスに沈んでいるのですが、マイナス幅は大きく縮小しています。

 今日は1月の消費者物価指数の発表が予定されています。

 CMEの日経平均先物価格(円ベース)は現在10,195円で推移しています。夕場の日経平均先物価格も10,200円近辺です。

対ドル円レートは91.8円のあたりで安定的な動きとなっています。

B20100219

 今日は大幅な下落になりましたが、5日移動平均線を大きく割り込んでいないことに注目しています。 

 20100219_5

皆様のクリックがスケアクロウ投資経済研究所一同にとって何よりの励みになっています。「ブログランキング」のマークをクリックしていただけるとランキングのポイントになります。ご協力をよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

                     

本文中に使用しているデータやグラフ類は主にここに掲げる各社の公表しているものに大変お世話になっております:経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MoneyMSN Money、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、外為どっとコム  

|

« 日経平均株価が10時過ぎから急落 | トップページ | 米国株式市場を振り返る 2月19日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の株式市場を振り返る 2月19日:

« 日経平均株価が10時過ぎから急落 | トップページ | 米国株式市場を振り返る 2月19日 »