« 5日移動平均線の上に | トップページ | トリドール(3397)10.2.3 : 春 研一 »

2010年2月 3日 (水)

今日の株式市場を振り返る 2月3日

 小動きでした。

 57円高で寄り付いた日経平均株価は、前場で多少軟調さを見せたのですが、80円程度の狭い値幅の中の小動きに終始して、33.24円、0.32%高で大引けとなりました。

20100203_3

 前場の軟調な動きは、対ドル円レートが多少円高方向に振れたことが影響したようです。

B20100203

 この円高の振れで、一部のハイテク企業の株価が値を崩しています。マーケットへの影響度の大きいアドバンテストの株価が1.2%ほど下げていますが、前場に見せた急落が目を引きます。

20100203_4

 米国の新車販売台数が12月に15.8%と大幅に落ち込んだトヨタが5.7%下落したこともマーケットの上値を抑えたようです。プリウスのブレーキの不具合も伝えられており気懸りです。

20100203_5

 一方、前日に利益予想上方修正したショーボンドホールディングスの株価が3.2%と大きく上げています。

Hdb20100203

 国内は小動きで、トヨタの問題がセンチメントを重くしていますが、アジア市場は上げています。上海(+2.4%)、香港(+2.2%)、インド(+2.1%)と軒並みに2%を上回る上昇になっています。上海は、引き締め懸念が払しょくしたわけではないのですが、旧正月前には積極的な政策が発動される懸念が小さいと伝えられたことがマーケットを押し上げたようです。

20100203_6

 欧州市場も、現時点では、スペインを除いて上昇しています。金融株と資源株が強いようです。リスク許容度の高まりから、国際商品市況の上昇が好感されていると指摘されています。

 GLOBEXではダウ(+14ドル)、ナスダック(+3ポイント)ともに僅かに上げています。といっても、小幅の上下を繰り返しているように見えます。

 今日は1月のADP全国雇用者数とISM非製造業景況指数の発表が予定されています。タイム・ワーナー、AOL、シスコ・システムズ、ファイザー、コムキャストなど興味深い決算発表が控えます。

 米国株式市場の今日の動きは、2日にわたる急騰の後ですから、現在は反動もなく無難に推移しているとしても、予断は許さないと見ています。したがて、明日の日経平均株価の寄り付きも見通しにくい状況です。

 ただし、日経平均株価の日足を見ると5日移動平均線を上回ってきました。しかも、これまでの下げの要因に一つであった中国の引き締め政策に対する懸念も徐々に変化する兆しもあります。アジア市場はそれに反応しているように見えます。日本の市場も、当然そのような動きの中で見ていく必要がありそうです。

B20100203_2

 ドル円は、株式市場の引け後に大きくドル高に振れていたのですが、現在は再び円安方向に揺り戻しています。

皆様のクリックがスケアクロウ投資経済研究所一同にとって何よりの励みになっています。「ブログランキング」のマークをクリックしていただけるとランキングのポイントになります。ご協力をよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

                     

本文中に使用しているデータやグラフ類は主にここに掲げる各社の公表しているものに大変お世話になっております:経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MoneyMSN Money、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、外為どっとコム  

 

|

« 5日移動平均線の上に | トップページ | トリドール(3397)10.2.3 : 春 研一 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の株式市場を振り返る 2月3日:

« 5日移動平均線の上に | トップページ | トリドール(3397)10.2.3 : 春 研一 »