« 米国株式市場 2月10日 へのグラフ資料 | トップページ | 欧州の株式市場動向 »

2010年2月11日 (木)

EUのギリシャ救済案まとまる

 EUによるギリシャ救済案がまとまるというニュースが伝わると同時に、対ドルでユーロがかなり大きく上下に振れています。

B20100211_2 

 救済案の内容は確認できていませんが、為替市場も判断に迷っているように見受けられます。

 まず急速にユーロ安に振れた時に、GLOBEXのダウは大きく動揺しました。50ドル以上高く推移していたのですが、一気に7ドル高程度まで上げ幅を縮小しました。

 その後、ユーロが戻り始めると、ダウも急速に50ドル高近くまで値を戻しました。

 再びユーロが売られる局面ではダウの反応は落ち着いた動きを見せています。現在は37ドル高近辺での推移です。

 今後の展開に予断は許さないのですが、とりあえず救済案がまとまったことは悪いニュースではなさそうです。

 ただ、マーケットの反応は「ギリシャだけではないだろう」ということなのだと見ています。

 今日の米国では、1月の小売売上高が発表されます。決算はアルカテル・ルーセント、ペプシコ、ヴァイアコム、フィリップ・モーリスなどが予定されています。

 今日の米国では欧州問題がキーになりそうです。

皆様のクリックがスケアクロウ投資経済研究所一同にとって何よりの励みになっています。「ブログランキング」のマークをクリックしていただけるとランキングのポイントになります。ご協力をよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

                     

本文中に使用しているデータやグラフ類は主にここに掲げる各社の公表しているものに大変お世話になっております:経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MoneyMSN Money、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、外為どっとコム  

|

« 米国株式市場 2月10日 へのグラフ資料 | トップページ | 欧州の株式市場動向 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

E グローバル経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EUのギリシャ救済案まとまる:

« 米国株式市場 2月10日 へのグラフ資料 | トップページ | 欧州の株式市場動向 »