« 今日の日経平均株価は? 3月17日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 3月18日 »

2010年3月17日 (水)

今日のマーケットと明日の見通し 3月17日

ポイント

  • 日経平均株価は125.27円の大幅高
  • 日米の金融政策の相乗効果で輸出関連、内需関連ともに上昇
  • 問題はこれから。注目イベント通過後の反動に要注意
  • ダウ、ナスダックの先物は堅調ながら上げ幅が小さい印象
  • 明日の日経平均株価の寄り付きは小幅高か?

今日のマーケット

 前日の米国株高を受けて、67円高で寄り付いた日経平均株価は、後場に一段高となり、125.27円、1.17%高で大引けとなりました。

20100317

 FOMCが政策金利を据え置いたことでダウ平均株価が43.83ドル、0.41%上昇したことが、輸出関連の主力株を押し上げたようです。富士フィルムの株価を見ると、マーケット開始直後からの上げが鮮明ですが、後場は小動きで推移しました。

20100317_2

 後場に入って、日銀が新型オペの資金供給額の増額を発表すると、マーケットは一段高となりましたが、その恩恵は内需関連株が受けたと見られます。三越伊勢丹HDの後場の動きが象徴的です。

Hd20100317

 日銀の発表後、ドル円は一時円高方向に振れました。材料出尽くしということもあるのでしょうが、期待を上回るような緩和策ではないと受け取られたような気がします。しかし、緩和の方向性は確認されたわけですから、結局円安方向に動いたと考えています。

C20100317

 問題はこの後かもしれません。FOMC、金融政策決定会合という注目のイベントが過ぎて、目先の大きな目標がなくなってしまった感があります。そのため、明日以降に、その反動が出る可能性は念頭に置いておく必要がありそうです。

 アジア市場は大きく上げています。インドネシア(+3.25%)、韓国(+2.11%)、台湾(+1.98%)、上海[+1.93%)、香港(+1.72%)と軒並みに日本の上昇率を上回っています。

 欧州市場も上昇です。上昇率はアジア市場ほどではありませんが、オーストリア、ベルギー、イタリア、オランダが1%を上回っています。

 GLOBEXでは、ダウ(+20ドル)、ナスダック(+3ポイント)ともに堅調に推移しています。上げ幅は安定的に推移していますが、意外に小幅であるような気がします。

 すでに2月の生産者物価指数が発表されています。全体では前月比0.6%低下しており、コンセンサスであった0.2%の低下幅を上回っています。ただ、食糧とエネルギーを除くコアが前月比0.1%の上昇とコンセンサスどおりであったためか、先物市場に大きな影響はないようです。

 今日はその他に週間の原油在庫の発表が予定されています。

明日の見通し

 すでに指摘しましたが、大きなイベント通過後の反動が多少気懸りです。ただし、米国が小動きであるならば、明日の日経平均株価の寄り付きは、今日の終値付近か多少高めとなりそうです。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーを1クリックをお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、外為どっとコム 

|

« 今日の日経平均株価は? 3月17日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 3月18日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日のマーケットと明日の見通し 3月17日:

« 今日の日経平均株価は? 3月17日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 3月18日 »