« 訂正のお願い | トップページ | 今日の日経平均株価は? 3月30日 »

2010年3月29日 (月)

今日のマーケット動向と明日の見通し 3月29日

ポイント

 小幅下落に終わったものの、終値で昨年来高値を更新しています。後場の戻りに力強さを感じました。グローバルな株式市場の上昇が追い風となって、明日は堅調な展開が期待できそうな様子です。

今日のマーケット動向

 先週終値近辺での寄り付きを期待していたのですが、86円安でのスタートとなりました。もっとも、配当落ちが70円程度あったので、弱いという印象はありません。前場は小動きでの上下でしたが、後場になると着実な戻りを見せて、9.9円、0.09%の小幅安で終えています。

20100329

 後場の戻りを牽引したのはアジア市場の好調な動きだったようです。上海市場が2.09%の大幅高となりました。4月16日から株式指数先物取引が開始されることが好感されたを伝えられています。金融セクターの上昇が目立ちました。

20100329_2

 この中国の恩恵が大きい日立建機が3.2%上昇しました。上海市場の急上昇が明らかになった後場に入ってからの上げが鮮明です。

20100329_3

 その他の銘柄では、リチウムイオン2次電池の負極材が好調と日本経済新聞が伝えたことをきっかけに、東海カーボンが4.2%の急騰を見せたのが目を引きました。

20100329_4

 アジア市場とともに、欧州市場も上げています。ただし、ドイツ(+0.7%)の他は上昇率は僅かで、落ち着いた動きという印象です。

 GLOBEXでは、ダウ(+43ドル)、ナスダック(+9.5ポイント)ともに好調な動きです。上げ幅は多少拡大しています。

 今日は2月の個人消費支出統計の発表が予定されています。その中で、インフレ指標として重要なPCEコア・デフレータに注目が集まっているようです。1月は前月比±0%だったのですが、2月は+0.1%というのがコンセンサスです。

明日の見通し

 米国株式市場がこのまま堅調に推移すれば、明日の日経平均株価は高く始まりそうです。ただし、重要が経済指標がたくさん待ち構えていますので、予断は許しません。2月の鉱工業生産動向速報、失業率、有効求人倍率、家計調査などの発表が予定されています。また、2月の自動車国内生産・輸出実績も注目したいところです。

 基本的には、日経平均株価は国内要因よりも海外要因に影響を受ける傾向が見えますから、基調は強いと見ています。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、外為どっとコム 

|

« 訂正のお願い | トップページ | 今日の日経平均株価は? 3月30日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日のマーケット動向と明日の見通し 3月29日:

« 訂正のお願い | トップページ | 今日の日経平均株価は? 3月30日 »