« 今日の日経平均株価は? 3月8日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 3月9日 »

2010年3月 8日 (月)

今日のマーケットと明日の見通し 3月8日

ポイント

  • 2月の雇用統計を受けた米国株式市場の上昇と、対ドル円安への振れという2つの要因に牽引された大幅な株高でした。
  • ところが、その2つの要因が心もとない動きです。GLOBEXではダウ、ナスダックともに小動き、対ドル円安への振れも一段落という様子です。
  • したがって、明日の日経平均株価は小動きあるいは反落を想定しておきたいと考えています。

人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーを1クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

今日のマーケット

 169円高で寄り付いた日経平均株価は、その後73円弱という狭い値幅での動きに終始して、216.96円、2.09%高で大引けを迎えています。

20100308

 対ドル円レートが円安に振れたため、精密機器、輸送用機器、機械などの輸出主導型ハイテク・セクターがパフォーマンス上位に顔を揃えています。

C20100308

 今朝も申し上げましたが、ダウ平均株価と日経平均株価の連動性の高さに注目しています。今日の日経平均株価の終値は10,585.92円でした。前日のダウ平均株価が10,565.20ドル。ダウ先物価格が14ドル高程度で推移していることも勘案すると、通貨の違いを無視した乱暴な比較ですが、両者が拮抗した水準となっています。少なくとも、日経平均株価にとってはこの状況での居心地が良いような気がしています。

 アジア市場も好調でした。香港(+1.97%)、マレーシア(+1.88%)、インドネシア(+1.85%)、韓国(+1.56%)、台湾(+1.25%)など軒並みに1%を大きく上回る上昇を見せています。

 一方、欧州はマチマチです。ただ、オーストリア(+2.42%)を除くと、現在のところ、小幅の値動きにとどまっています。

 GLOBEXでは、ダウ(+13ドル)、ナスダック(+2.75ポイント)ともに上げていますが、欧州同様小動きです。今日は、重要な経済指標や、注目の決算などの発表がないため、大きな牽引役が見当たらない様子です。アジアの保険事業を英国のプルーデンシャルに売却することを決めたばかりのAIGが、今度は海外部門であるALICOをMetLifeに売却するという報道が注目を集めているようです。

明日の見通し

 米国株式市場が小動きか、場合によっては、前日の大幅高の反動から、多少の反落があるかもしれないという雰囲気です。

 現在、CMEの日経平均先物価格(円ベース)は10,605円と、日経平均株価の終値を上回っているのですが、予断は許さないと見ています。

 

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、外為どっとコム 

 

|

« 今日の日経平均株価は? 3月8日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 3月9日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日のマーケットと明日の見通し 3月8日:

« 今日の日経平均株価は? 3月8日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 3月9日 »