« 今日の日経平均株価は? 3月9日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 3月10日 »

2010年3月 9日 (火)

今日のマーケットと明日の見通し 3月9日

ポイント

  • SQを前に、日経平均株価は金縛り状態という印象でした。小幅反落で終わっています。
  • 先週末の米国雇用統計で大きく対ドル円安方向に振れた為替が、急速に円高方向に揺り戻していることに注意する必要がありそうです。
  • GLOBEXではダウ、ナスダックとも下げ幅を拡大しています。為替の動きと併せて、明日の日経平均株価の下振れリスクが高まっていることを示唆しています。

今日のマーケット

 前日のダウ平均株価の反落を受けて、18円安で寄り付いた日経平均株価は、その後50円程度という非常に狭い値幅の中での動きにとどまり、18.27円、0.17%の小幅下落で大引けとなりました。

20100309

 マーケットを動かす大きな要因がなかったこともありますが、やはりメジャーSQを前にして動きがとれなかったという印象です。

 代表的な円高メリット・セクターである紙・パルプがパフォーマンス上位に顔を出しているところを見ると、ザラバで対ドル円高に振れたことが、多少マーケットの重石になったように見えます。

20100309_2

 アジア市場はマレーシアとインドを除いて上昇しています。人民元の切り上げを見越して、グローバルな資金が流入しているのか、上海市場が0.52%高と堅調であったのが目を引きました。

 一方、欧州市場は全体に下げています。スペイン(-1.24%)、ポルトガル(-1.66%)、ギリシャ(-1.64%)が揃ってかなり大きく下落しているのが気になります。

 GLOBEXでは、ダウ(-24ドル)、ナスダック(-4.75ポイント)ともに下げています。下げ幅は拡大してきていたのですが、現在は少し縮小に転じています。

 今日の米国では、重要な経済指標の発表は予定されていません。

明日の見通し

 今後の日経平均株価を見る上で気になるのは、10,500円を越える株価上昇をもたらしたのが、国内要因ではなく、主に米国株式市場の上昇と、対ドル円安という2つによるところが大きいという点です。

 その2つの要因の牽引力がなくなってきました。現在のGLOBEXではダウ、ナスダックとも下げています。また、雇用統計で大きく円安に振れた為替が急速に円高方向へ揺り戻しています。

 そのようなわけで、明日の日経平均株価は下振れリスクが高まっていると見ています。

 もっともSQを前に、予想外の動きが出る可能性も念頭に置く必要があるかもしれません。

人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーを1クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、外為どっとコム  

|

« 今日の日経平均株価は? 3月9日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 3月10日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日のマーケットと明日の見通し 3月9日:

« 今日の日経平均株価は? 3月9日 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 3月10日 »