« 訂正のお願い | トップページ | 第一生命保険(8750)の売り出し価格決定 »

2010年3月23日 (火)

今日のマーケット動向と明日の見通し

ポイント

 米国株式市場の上昇にもかかわらず、日経平均株価は軟調気味な小動きで終えました。底堅いというより、上値の重さの方が気になった一日でした。個別材料株が元気が良かったにもかかわらず、模様眺めのムードがマーケットを支配しました。GLOBEXでは、ダウ、ナスダックとも僅かに上昇していますが、前日の医療改革法案で大騒ぎした反動を警戒する必要がありそうです。

今日のマーケット動向

 31円安で寄り付いた日経平均株価は、50円あまりの狭い値幅の中を軟調気味に上下したまま、50.57円、0.47%安で終えました。

20100323_2

 マーケットの高値警戒感や円高懸念から模様眺めのムードが強く、配当取りや来期の好業績を見越した積極的な買いの強さは感じられませんでした。東証33業種のうち22業種が下げています。

 公示価格の下落幅拡大の影響から、三井不動産が3.3%と大きく下落したのが目を引きました。

20100323_3

 一方、個別材料株には元気なものが多かったようです。

 ビル・ゲイツ氏と次世代原発の共同開発が伝えられた東芝が3.6%上げています。

20100323_4

 先月25日に、GEとの合弁で国内でのスマート・グリッド事業を展開すると報道された富士電機も3.2%上昇しました。

Hd20100323

 さらに、米国の医療改革法案の関連として期待される内視鏡事業を持つオリンパスも3.3%と株価を伸ばしました。

20100323_5

 しかし、このような元気な銘柄も、上値の重いマーケットを引き上げることはできなかったようです。

 アジア市場は上海と台湾を除いて上げています。利上げの影響が懸念されたインドのムンバイも0.23%上昇しています。

 欧州は上昇しています。スペインが0.9%高と好調さが目につきます。

 GLOBEXでは、ダウ(+5ドル)、ナスダック(+0.25ポイント)ともに上げていますが、上昇幅は縮小してきています。

 今日は、1月の住宅価格指数、2月の中古住宅販売件数、3月のリッチモンド連銀製造業指数などの指標の発表が予定されています。

明日の見通し 

 個人的には、前日の医療保険改革法案による米国マーケットの動きは、過剰反応気味であったような気がしています。今日はその反動が出るかもしれません。GLOBEXでのダウやナスダックの上げ幅が縮小傾向にあることが気になります。

 したがって、明日の日経平均株価のスタートも多少要注意と見ています。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーを1クリックをお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、外為どっとコム 

|

« 訂正のお願い | トップページ | 第一生命保険(8750)の売り出し価格決定 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日のマーケット動向と明日の見通し:

» おすすめブログ [おすすめブログ]
おすすめブログの紹介 [続きを読む]

受信: 2010年3月24日 (水) 02時37分

« 訂正のお願い | トップページ | 第一生命保険(8750)の売り出し価格決定 »