« 注目株式市場の動向 3月5日 | トップページ | お知らせ »

2010年3月 7日 (日)

ハイテクに警戒シグナル?

 米国ハイテク産業の業績急回復とか、ナスダックの上昇などの明るい話が新聞紙上をにぎわしています。しかしながら、リーマン・ショック後間もない2008年11月に早々と底打ちから上昇に転じたハイテクの景気指標が、今度は早々と頭打ちの兆しを見せ始めました。

 3月4日に米国商務省が発表した1月の「出荷・在庫・受注統計」の中のコンピュータ及び関連機器部門の在庫循環モメンタムはこのようになっています。在庫の動きにご注目ください。

120100307

 加えて、気になるのは出荷金額の伸び率に頭打ちの兆しが鮮明になっていることです。

120100307_2

 これからしばらくの間は、米国ハイテク関連については、良いニュースであふれる可能性もあるのですが、投資という観点からみると、一昨年秋からかなり長期にわたって続いてきた上昇局面がすでに終盤に近づいたという認識を持った方がよいかもしれません。

 ただし、マーケット全体が警戒局面になったということではありません。長く先導役を担ってきたハイテクに息切れの様子が鮮明になりつつあるということです。

皆様のクリックがスケアクロウ投資経済研究所一同にとって何よりの励みになっています。「ブログランキング」のマークをクリックしていただけるとランキングのポイントになります。ご協力をよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

                     

本文中に使用しているデータやグラフ類は主にここに掲げる各社の公表しているものに大変お世話になっております:経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MoneyMSN Money、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、外為どっとコム 

|

« 注目株式市場の動向 3月5日 | トップページ | お知らせ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

E グローバル経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハイテクに警戒シグナル?:

« 注目株式市場の動向 3月5日 | トップページ | お知らせ »