« 今日のマーケット動向と明日の見通し 4月13日 | トップページ | 今日のマーケット動向と明日の見通し 4月14日 »

2010年4月14日 (水)

今日の日経平均株価は? 4月14日

ポイント

 日本の株式市場にも「インテル効果」が期待できそうです。日経平均株価の寄り付きは高く、ザラバも堅調な展開を想定しています。

米国株式市場の動向

 ほぼ前日終値近くで寄り付いたダウ平均株価は、すぐに調整色を強め、10時半には58ドル安まで下げ幅を拡げました。しかし、その後は一転して回復基調に転じ、13.45ドル、0.12%高で終了しています。11,000ドル台を維持しました。

20100413

 調整の背景には、売上高が期待を下回ったアルコアの株価が低迷したことや、身売り説が話題となっっているナスダック銘柄のパームの急反落が大きく影響したようです。

 VIX指数を見ると、開始直後から10時半にかけて大きく上昇しており、マーケットのセンチメントが悪化した様子が示唆されています。

Vixb20100413

 ただし、指数が示すように、マーケットはその後落ち着きを取り戻しました。ホームデポ。マクドナルド、3Mなどの堅調さが目立ちました。

 注目はナスダック銘柄のインテル。ザラバでは1.02%高と落ち着いた推移でしたが、引け後に好決算を発表したため、時間外取引で3.73%の急騰に転じました。

 明日の米国株式市場は、この「インテル効果」で大きく上昇しそうな様子です。

今日のマーケット

 日経平均株価も「インテル効果」の恩恵を受けそうです。

 CMEの日経平均先物価格(円ベース)は11,210円となっていますが、寄り付きはこれより高くなりそうです。一応11、230円程度をメドとしています。

 リスクは前日同様に、突然の為替の変動ですが、現在のところは落ち着いた動きです。

 今日は、イオン、ローソン、良品計画、吉野家HDなど消費関連を中心に56社ほどの決算発表が予定されています。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、外為どっとコム  

 

|

« 今日のマーケット動向と明日の見通し 4月13日 | トップページ | 今日のマーケット動向と明日の見通し 4月14日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の日経平均株価は? 4月14日:

« 今日のマーケット動向と明日の見通し 4月13日 | トップページ | 今日のマーケット動向と明日の見通し 4月14日 »