« ダウ平均株価が下落幅を拡大 | トップページ | お知らせ : 春 研一 »

2010年5月 7日 (金)

今日の日経平均株価は? 5月7日

ポイント

 米国株式市場の急落を受けて、今日の日経平均株価は大幅安でのスタートとなりそうです。円高が急速に進んだため、ザラバも軟調な展開を懸念しています。ただし、マーケットが異常な動きをする可能性がありますので、状況によっては、反発を想定した強気の対応が必要になる状況が生ずるかもしれません。注目して臨みたいと考えます。

米国マーケットの動向

 前日比5.9ドル安でスタートしたあと下げ基調で推移していたダウ平均株価は、2時以降には下落のペースが加速して、2時半過ぎに998.5ドル安をつけました。しかし、その後は反発に転じ、650.7ドル戻して、347.80ドル、3.2%安で大引けとなりました。

20100506

 背景にあるのは、欧州の財政懸念。スペイン(IGBM)が3.2%と大幅に落ち込んでいます。大引けにかけての急落は、状況の厳しさを物語ります。

20100506_2

 ただし、ダウ平均株価の2時以降の動きはかなり異常であり、誤発注などの可能性もあるようです。

 シカゴオプション取引所のVIX指数も2時以降に異常とも見える急騰を見せ、31.67%上昇しました。投資家のセンチメントの動揺がうかがえます。

Vix20100506

 ユーロドルが大きくユーロ安、ドル高に振れ、チャートの長い下ヒゲがマーケットの動揺を表しています。

B20100507

今日のマーケットは?

 米国株式市場の急落を映して、CMEの日経平均先物価格(円ベース)は10,185円を付けています。これを今日の寄り付きのメドとしています。

Cme20100506

 ドル円が大きく円高方向に振れたため、ザラバに大きな重石となることが予想されますので、ザラバも軟調な推移を懸念しています。

B20100507_2

 ただし、米国株式市場に異常な動きが見られ、それに動揺して日本のマーケットが変動するのであれば、反騰に期待した投資スタンスをとるのが望ましい局面が生ずる可能性もありますので、注目して臨みたいと考えています。

 今日は、3月の家計消費状況調査、4月のマネタリーバースの発表が予定されています。決算は250社弱。電機、総合商社など注目企業の発表が相次ぎますが、どうも今日はそれどころではないようです。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、外為どっとコム

|

« ダウ平均株価が下落幅を拡大 | トップページ | お知らせ : 春 研一 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の日経平均株価は? 5月7日:

« ダウ平均株価が下落幅を拡大 | トップページ | お知らせ : 春 研一 »