« 米国株式市場を振り返る 5月21日 | トップページ | VIX指数と国際商品指数 »

2010年5月22日 (土)

アテネと上海 : 注目株式市場の動向

ポイント

 世界の株式市場が低迷しています。震源地はアテネと上海。ともに、世界の文明の発祥地。注目しているのは今後の展開です。アテネの低迷が続くのに対して、上海の立ち直りが早いのではと見ています。世界経済のダイナミズムが欧米からアジアへシフトする動きを決定的なものにする、非常に重要な局面の中にいるような気がします。

注目市場の動向

 注目市場の年初からのパフォーマンスは次のようになっています。

20100522

 

ブラジルやオーストラリアなどの資源国の停滞色が強まる一方で、ドバイが大きく回復してきました。ドバイのパフォーマンスは日本を上回っています。上海の低迷が続きます。

データ表は次の通りです。

D20100522  

 世界の経済環境が良好であった1月15日の時点と比較すると、悪化の大きさが実感できます。

11520100206

 ただし、2月5日の状況を見ると、現在と似ています。悪化が著しいとはいえ、異常な大きさというわけではなさそうです。

2520100206

 上海のパフォーマンスの悪さが飛び抜けているのですが、この上海と肩を並べているのがアテネです。

20100522_2

 アテネ総合指数の昨年9月までの素晴らしい上昇局面とそれ以降の急落の厳しさが際立ちます。

20100522_3

 上海総合指数の動きも似ています。昨年8月までの急騰と、それ以降の低迷が対照的です。

20100522_4

 今後の展望は、不透明要因が多いのですが、アテネの低迷が続きそうなのに対して、上海は金融引き締めの重石を織り込んでしまえば復調に転ずるのではと期待しています。

 この動きは、大きな時間軸の中でみれば、経済のダイナミズムが欧米からアジアにシフトする流れを決定づける重要な局面であるのではないかと見ています。もちろん、勝手な個人的見方ではあるのですが・・・

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、外為どっとコム  

|

« 米国株式市場を振り返る 5月21日 | トップページ | VIX指数と国際商品指数 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

E グローバル経済と市場」カテゴリの記事

G ストラテジー」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アテネと上海 : 注目株式市場の動向:

« 米国株式市場を振り返る 5月21日 | トップページ | VIX指数と国際商品指数 »