« 4月の鉱工業生産動向を出荷在庫バランスで見る(その1) | トップページ | 気になるイタリアの下げ »

2010年6月 1日 (火)

4月の鉱工業生産動向を出荷在庫バランスで見る(その2)

 鉱工業全体の出荷在庫バランスを5つのサブカテゴリーに分けて検討してみます。

 まず、自動車を中心とする耐久消費財。頭打ちがはっきりしてきました。細い実線で示した出荷の勢いに変化が出てきたのが気懸りです。

420100601_3

 次に、衣料品、食料品などの非耐久消費財。消費がモタついていることもあって、在庫が積み上がり気味です。出荷在庫バランスは僅かに低下しました。ただし、変化の幅は大きなものではありません。ディフェンシブな特性を示唆しています。

420100601_4

 機械を中心とする資本財。全体の中でもっとも力強い上昇を見せています。出荷が好調なため、在庫の伸びが抑えられています。

420100601_5

 輸送用機器を除く資本財。基調は資本財と同じです。「今日のマーケット動向と明日の見通し 5月31日」の中で、ツガミが5%を越える急騰を見せた理由として、4月の鉱工業生産動向を挙げましたが、それはこれを指しています。

 鉄鋼電炉、セメント、ガラスなどの建設財。4月は僅かに低下しましたが、出荷の基調はまずまずの状況ですし、低下の幅も限定的ですから、大きな心配はないようです。

420100601_6

 最後に生産財。耐久消費財とともにピークアウトが鮮明になってきました。この分野は、半導体などの電子部品、鉄鋼高炉、化学製品などの幅広い分野が含まれます。鉱工業全体の出荷在庫バランスを、耐久消費財とともに牽引してきた重要な分野であるだけに、非常に気になる動きです。

420100601_7

 以上のサブカテゴリーを検討すると、月を追って頭打ちの傾向を見せる分野が増えています。ということは、鉱工業全体のピークアウトの動きも、月を追って鮮明になっていくものと推測されます。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、外為どっとコム 

|

« 4月の鉱工業生産動向を出荷在庫バランスで見る(その1) | トップページ | 気になるイタリアの下げ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

G ストラテジー」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月の鉱工業生産動向を出荷在庫バランスで見る(その2):

« 4月の鉱工業生産動向を出荷在庫バランスで見る(その1) | トップページ | 気になるイタリアの下げ »