« 今日のマーケット動向と明日の見通し 6月15日 | トップページ | 米国株式市場が好調なスタート »

2010年6月15日 (火)

為替か? 株価か?

 些細なことかもしれませんが、為替が株価に影響するのか、株価が為替に影響するのか、について考えてみたいと思います。

 為替と株価が連動するために、ニワトリが先か、卵が先かという議論になりがちなのですが、私は為替が先と考えています。

 理由は市場規模の差。株式市場の1日の取引高が1兆円程度であるのに対して、東京外国為替市場の規模は、BISの調査では2007年23.8兆円。この調査は3年ごとですから、現在はこれが最新となります。日銀の外為円決済交換高(片道ベース)を見ると、2010年2月の段階で、1日当たり16.3兆円となっています。

 したがって、株価の動きが為替に影響するというのは、舞の海が小錦を振り回しているようで、痛快ではあるのですが、現実味に欠けるような気がします。

 というわけで、為替が株価に大きく影響すると考えています。

 ちなみに、株式市場と為替市場の規模の差は16~23倍もあるのですが、舞の海の現役時代の体重は100kg、小錦は一番多い時で285kgです。その格差は2.85倍にすぎません。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、外為どっとコム 

|

« 今日のマーケット動向と明日の見通し 6月15日 | トップページ | 米国株式市場が好調なスタート »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

H 投資を考える」カテゴリの記事

J 為替」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 為替か? 株価か?:

« 今日のマーケット動向と明日の見通し 6月15日 | トップページ | 米国株式市場が好調なスタート »