« トリドールの月次速報の御案内 : 春 研一 | トップページ | 米製造業受注指数はコンセンサスを下回る »

2010年7月 2日 (金)

6月の米雇用統計は中立要因?

 米国労働省の発表した6月の雇用統計は、マーケットには中立要因となったようです。

 非農業部門雇用者数は12万5千人の減少で、コンセンサスの10万人を上回る減少幅でした。

 一方、失業率は9.5%と、事前予想の9.8%を下回っています。

 ドル円1分足の動きを見ると、発表直後に大きく振れたのですが、結局ほぼ発表前の水準に戻っています。

C20100702

 GLOBEXのダウ(+17ドル)、ナスダック(+6.0ポイント)は、ともに堅調で、やはり発表前とほぼ変わらないか、僅かにプラス影響といった印象です。

 というわけで、雇用統計はプラス効果とマイナス効果で、ほぼ中立の結果です。

 日経平均株価への影響も中立である可能性が高いのですが、かなり警戒的に見ていた様子がありますので、来週はプラスに作用するかもしれないと考えています。

 

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、外為どっとコム 

|

« トリドールの月次速報の御案内 : 春 研一 | トップページ | 米製造業受注指数はコンセンサスを下回る »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

E グローバル経済と市場」カテゴリの記事

A 注目ニュース」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月の米雇用統計は中立要因?:

« トリドールの月次速報の御案内 : 春 研一 | トップページ | 米製造業受注指数はコンセンサスを下回る »