« サイゼリヤ(7581):決算速報(10.7.13) : 春 研一 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 7月14日 »

2010年7月13日 (火)

今日のマーケットと明日の見通し 7月13日

ポイント

 ハイテク・セクターの上昇や、予想を上回るアルコアの決算で明るいムードの米国株式市場を映して、高く寄り付いた日経平均株価ですが、マーケット開始後ほどなくして鮮明になった円高への動きが重石になりました。現在は、米株先物が堅調に推移していることから、明日の日経平均株価は堅調なスタートが期待できそうですが、今日と同様に円高への動きには要注意です。

今日のマーケット動向

 44円高で寄り付いた日経平均株価は、徐々に軟調になり、後場に入ると一段と下げ足を速め、1時頃には45円安をつけました。その後は僅かに戻したのですが、10.88円、0.11%安で終えています。

20100713

 今日未明から円安基調で推移してきた為替が、株式市場がスタートして間もなく、突然に円高方向に転換したことが大きく影響したと見ています。ドル円15分足の動きがマーケットの動向と重なります。

B20100713

 為替の動きに敏感なハイテクセクターに停滞感が鮮明でした。2.07%の下落となったファナックのザラバの動きが、マーケットやドル円の動きに置連動しています。

20100713_2

 後場に入ってからの急落には、前日に拡がった不動産取引の規制緩和観測を、政府が否定したことで1.62%の反落となった上海総合指数の影響も大きかったと見られます。

20100713_3

 アジア市場では、上海の他、香港、台湾などが下げたのですが、その他はおおむね上げています。全体としては、小動きという印象です。

 それに対して、欧州市場は堅調です。多くのの市場が1%を上回る上昇率を見せ、スウェーデンは2%を越えています。ムーディーズによるポルトガルの格下げも無視のようです。そのポルトガルでさえ0.54%の上昇です。

 GLOBEXでは、ダウ(+51ドル)、ナスダック(+14.75ポイント)とも好調に推移しています。上げ幅は拡大基調です。前日の引け後のコンセンサスを上回る決算を発表したアルコアの株価が時間外取引で3.5%したことが、マーケットに安心感を与えたように見えます。

Cme20100713

 今日は、5月の貿易収支、6月の月次財政収支の発表が予定されています。インテルの決算があるのですが、発表の時間は未定のようです。ただし、カンファレンス・コールが午後5時半にセットされています。

明日の見通し

 米株先物の堅調な動きから、明日の日経平均株価は高めのスタートが期待できそうです。

 今日は、緩やかな円安への動きを前提に、堅調なザラバを想定していましたが、前提が崩れてしまいました。明日も為替の動きに要注意と考えています。

 ドル円は今日の大引け後から円高方向への振れが一段と鮮明になっています。そのため、明日も基本は警戒的に臨むつもりですが、意外に円安に動く可能性もあり、柔軟に対応できるようにしたいと考えています。

 重要な経済指標の予定はありませんが、15日まで日銀の金融政策決定会合が開かれます。決算は56社。島忠、三協・立山HD,、松竹、レナウン、キャンドゥなどですが、、アーケットへの影響は限定的と見ています。

 そのようなわけで、ザラバは為替次第ということになってしまうのですが、基本は小動き、寄り付きが高ければ軟調な局面もあるだろうというのが現在の見方です。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、外為どっとコム

|

« サイゼリヤ(7581):決算速報(10.7.13) : 春 研一 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 7月14日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日のマーケットと明日の見通し 7月13日:

« サイゼリヤ(7581):決算速報(10.7.13) : 春 研一 | トップページ | 今日の日経平均株価は? 7月14日 »