« 今日のマーケットと明日の見通し 7月13日 | トップページ | 今日のマーケット動向と明日の見通し 7月14日 »

2010年7月14日 (水)

今日の日経平均株価は? 7月14日

ポイント

 今日の日経平均株価の寄り付きは高く、ザラバも堅調な展開が期待できそうです。欧州や米国の株高に加えて、米国の引け後に発表されたインテルの好決算の影響が期待できると見ています。円安方向に振れている為替が、堅調なザラバを支えると想定しています。

米国マーケットの動向

 スタート直後から大きく上昇したダウ平均株価は、ザラバも安定した上昇トレンドを描き、146.75ドル、1.44%の大幅高で終了しました。

20100713

 前日引け後に、コンセンサスを上回る決算を発表したアルコアが大きく上昇して始まったことや、ギリシャの短期国債の募集が順調であったことを背景にした欧州市場の上昇が、好調なスタートを牽引しました。

 ザラバでは、対ユーロでドル安が進んだこともあって、ハイテク・セクターがマーケットを押し上げました。SOX指数(フィラデルフィア半導体指数)が着実に上昇を続け、2.11%高となっています。

Sox20100713

 ハイテクセクターと並んでドル安の恩恵を受けるキャタピラーも3.90%の大幅高となり、引け後の時間外取引では、さらに0.46%上げています。

Cat20100713

 加えて、大引け後に好決算を発表したインテルが、引け後の時間外取引で7.81%の急騰を見せており、今日の日経平均株価の押し上げ要因として期待できそうです。このインテルの影響はをGLOBEXノナスダック100が鮮明に描き出しています。

Globex20100713

今日の日経平均株価は?

 CMEの日経先物価格(円ベース)は9.670円なっていますが、「インテル効果」を勘案すると、日経平均株価はそれを上回る好調なスタートとなることを期待しています。

Cme20100713

 ザラバでは、円安への動きがマーケットを押し上げると見ています。ギリシャの順調な資金調達や、EU財務相理事会が23日に公表するストレステストの結果次第では、公的資金の注入もありうるとした強い姿勢がマーケットの安心感を与えていることを背景にユーロの基調が強そうです。

A20100714

 対ドルでも多少円安気味に推移しそうな様子です。

A20100714_2

 今日は、重要な経済指標の予定はありませんが、15日まで日銀の金融政策決定会合が開かれます。決算は56社。島忠、三協・立山HD,、松竹、レナウン、キャンドゥなどですが、、アーケットへの影響は限定的と見ています。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、外為どっとコム 

|

« 今日のマーケットと明日の見通し 7月13日 | トップページ | 今日のマーケット動向と明日の見通し 7月14日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

F 日本経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の日経平均株価は? 7月14日:

« 今日のマーケットと明日の見通し 7月13日 | トップページ | 今日のマーケット動向と明日の見通し 7月14日 »