« お詫び | トップページ | 6月の鉱工業生産動向を出荷在庫バランスで読む »

2010年7月31日 (土)

米国株式市場を振りかえる 7月30日

ポイント

 コンセンサスを下回る4-6月のGDPに大きく下落して始まったダウ平均株価ですが、続いて発表された経済指標が良かったこともあって、下げ幅を急速に縮め、前日終値付近で終えました。これを受けて、月曜日の日経平均株価も静かなスタートになりそうです。

米国マーケットの動向

 寄り付き直後に120ドル近く下落したダウ平均株価は、みるみる下げ幅を縮小し、10時40分には19ドル高をつけました。僅か1時間ほどで100ドル近く上昇したことになります。その後急騰の反動があったのですが、2時頃から再び堅調になり、1.22ドル、0.01%安とほぼ前日比横ばいで大引けを迎えました。

20100730

 注目された4-6月のGDPは対前期比年率換算で2.4%の増加。コンセンサスであった2.6%を下回りました。民間設備投資は28.8%と比較的に高い伸びを維持しましたが、個人消費支出が1.6%の増加と事前予想の2.4%を大きく下回ったのが目を引きました。

Gd20102q20100730

 このため株価は急落しましたが、その後発表された7月のシカゴ購買部協会景気指数が62.3(コンセンサスは56.0)、ミシガン大学消費者信頼感指数の確報値が67.8(同67.0)と良かったことが急回復を牽引しました。

 VIX指数をみると、開始直後の急騰から一転して低下が続き、2.61%の下げとなっています。投資家心理が大きく改善したことを示唆しています。

Vix20100730

 民間消費支出の弱さを反映して、停滞感の強かったウォルマートでさえ大引け近くに急速に戻して、0.25%高で終えました。

Wmt20100730

月曜日のマーケットへの示唆

 CMEの日経先物価格(円ベース)は9,535円。ほぼ先週金曜日の日経平均終値の水準です。このため、月曜日の日経平均株価は静かなスタートになりそうだと見ています。

Cme20100730 

 米国のGDP発表直後に瞬間的に大きく振れたドル円も時間の経過とともに落ち着きを取り戻しています。とりあえず、マーケットには中立要因となると想定しています。

A20100731

 重要な経済指標の発表は予定されていませんが、帝人、イビデン、伊藤忠商事など70社余りの決算があります。

「人気ブログランキング」に参加しています。記事がお役に立ちましたら、下のバナーをワン・クリックお願いいたします。大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

本文中で使用しているデータやグラフ類は主に次の各社の公表しているものにお世話になっております。経済産業省、内閣府、日本銀行、東京証券取引所、CME GROUPCBOE,CNN MONEYMSN MONEY、アット・ニフティ・ファイナンス、Yahoo!ファイナンス、サーチナ、外為どっとコム 

 

|

« お詫び | トップページ | 6月の鉱工業生産動向を出荷在庫バランスで読む »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

E グローバル経済と市場」カテゴリの記事

1 かかし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国株式市場を振りかえる 7月30日:

« お詫び | トップページ | 6月の鉱工業生産動向を出荷在庫バランスで読む »